フォト

前の記事はこちら・・・

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

MUSIC

無料ブログはココログ

« ”GPSレーダー”の修理 と、”ピンロックレンズ”交換・・・ | トップページ | やっぱり、これいいな~・・・妄想1 »

2017年1月25日 (水)

カウリングミラーの可倒部の調整・・・

”RS125”の純正バックミラーが余りに見えずらいので、”TANAX・ナポレオンカウリングミラーAEX”に換装したのはバイク購入直後の3年前の事・・・

M1


その時の記事・・・↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/rs125-4cdd.html

M2

Tt7

その後はず~と調子が良かったものの・・・
M4



ここ数ヶ月・・・路面が悪い処を走るとミラーの可倒部が少しずつ動きます・・・sweat01
ズレてくるのは青○の処・・・down
Bk93
新品の時は簡単には動かないほど固い状態でした。

裏から見ると・・・
M91
こんな感じなので、購入当時はこの部分は上下をカシメ加工したものと思い込み・・・
この部分の動きが緩くなったら交換??なのかな??とか思ってました。

でもそんなに安価なミラーでもないし、簡単に購入と言うわけにもいかないので、今回メーカーさんにメールで・・・
何らかの調整はできないのか??”、と問い合わせたところ・・・

『商品の不具合も考えられるので、送料着払いで送って頂ければ確認し対応します』

と丁寧な対応を頂きましたが・・・

時間が勿体ないし、その間ミラーなしでは走れないので改めてミラーをよくよく観察すると・・・eye
M93
黄色い矢印の処から下の材質が明らかに違うのと、その隙間から外れそうな気配・・・
どうも樹脂製のキャップを装着している感じです・・・

そこで、精密ドライバーのマイナスを隙間に入れ少しずつ広げていくと・・・
M9
スポッッと取れました・・・scissors

こんな感じのキャップがしてあるだけだったんですね~~
M92

キャップを取った処にはしっかりナットで固定されてます・・・
M5
カシメてるのでなく、やはりボルト・ナット締めでした。

こうなると話は簡単・・・
M6
しっかり増し締めして・・・キャップをパチンと嵌め込んで終了です。

ただ、そんなに緩んでる感じでも無かったのですが、可倒部自体の動きを購入時と同じ感じにしようと思うとかなりのトルクで締めた状態になりました。

ま~、何にしてもこれで暫くは大丈夫だと思います。

メーカーさんもこんなに簡単な構造ならそうと教えてくれれば悩まなかったのにね~~^^;

ホームページにも商品購入時の取説にも何も情報が無いのは・・・

ま~いろいろなユーザーさんがいらっしゃるという事なのかな???


追記・・・
今回は完全に分解せず増し締めで対応しましたが、メーカーさんでしか判りえない特別な構造??であるかもしれませんが取り敢えずこれで様子を見てみます・・・
再度、緩んで来る様な事があればミラーを取り外し分解し、対応してみます。
その際はまた記事をアップですね・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« ”GPSレーダー”の修理 と、”ピンロックレンズ”交換・・・ | トップページ | やっぱり、これいいな~・・・妄想1 »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

このミラーのカバー内にあるナットはセルフロックじゃないいですね?
緩み止めのワッシャが入っているのでしょうか?

ミラーを変えたかった時も過去にはありましたが、空気抵抗と軽さを取ってノーマルのままで…、
大変見えにくいですが、体を捻ってミラー見てます(w

私は毎回カバーかけてしまいますが、必ずミラーを折りたたむので、社外のミラーはヒンジが緩んできそうで替えられないというのもあります。

☆猫Rさん、セルフロックタイプと言うと最近は色々と種類がありますよね~
自分も職業柄”Uナット”は時折使用します。
そして今回は・・・正直あまり深くは考えませんでしたが、見た感じはごく普通のフランジナットのような感じで、上部にツバ状のバネが入った”Uナット”やナイロンナットの様な感じは無かったと思います・・・
どちらかと言うとワッシャーが異形の大きめの座金でこちらの方に何か緩み止めの工夫がありそうでした。
私は駐車時に毎回ミラーを倒すようなことはしてませんが、このミラーも毎回倒してると緩んでくるかもしれません・・・
本来ならバイクからミラーを取り外して家に持ち帰りじっくり仕組みを見ることも考えましたが、バイクに固定してある自作の変換アダプターが良い感じで台座を受けてるので無理にボルトを外すよりはできれば増し締めで・・・という考えでの今回の作業でした。

これでまたすぐ緩むようなら次回は取り外し、じっくり状況を把握しようかと思います。

こんばんわ。

しっかり締まっているようでも緩むことがありますよね。
私のナビもいくら閉めても緩んでしまします。
時々、締め直しをしながら走ってますよ。

でも、締め付けのナットが見つかって良かったですね。
これでしばらく緩むことはなさそうです。
もう少し情報があるといいですよね~。

☆ななくまさん、こんばんは!
構造的時は、購入時にボルトとナットで組み立てた部分が見えないので良く出来てるな~とか思って細かく見てませんでしたが、カバーがしてあるだけでした^^;
ナットはそれなりに締まってましたが、極わずか締めただけで効いてきました。
これでまた3年持てばよいのですが、すぐに緩むようだと今度は分解してみます。

ナビが緩みますか~~^^;
ご存知かもしれませんが、平ワッシャーだけでなくスプリングワッシャをかますだけでも緩み止めにはなりますが、ナイロンナットやバネ付きナット等を使用すると緩みはもっと解消されますよ。
ただ、脱着が頻繁な時は色々と考えますけどね・・・^^;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/69373270

この記事へのトラックバック一覧です: カウリングミラーの可倒部の調整・・・:

« ”GPSレーダー”の修理 と、”ピンロックレンズ”交換・・・ | トップページ | やっぱり、これいいな~・・・妄想1 »