フォト

前の記事はこちら・・・

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

MUSIC

無料ブログはココログ

« ウインカーの不具合とウインカーリレー・・・その1? | トップページ | 朝駆け後は・・・功山寺と下関市立歴史博物館へ »

2016年11月19日 (土)

排気デバイスの清掃・・・

排気デバイス(バルブ)を清掃しました・・・

今現在の走行距離・・・約30,100キロ

前回のメンテナンスは6月19日、走行距離・・・27,000キロ
今回は3,000キロでのメンテナンスと言う事になります。

ガソリンタンクを起こし、取り外します・・・
H1
クーラーントリザーブタンクを緩めバッテリーを取り除き・・・
バッテリーケースを取り除いたら排気バルブにアクセスできます・・・
詳しくは・・・↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-6e88.html

排気バルブが見えて来ました・・・
H2

この時に、電気配線やチューブやクーラントホース等々もチェックし不具合が無いか確認します。
H3

前回も暖気運転しバルブを暖め取り外そうとしましたが、それでもエンジンから抜けずかなり苦労しました・・・sweat02

今回はそれ以上に暖気し、アクセルを煽り排気バルブのソレノイドバルブも何度も動作させた上で取り外そうとしましたが・・・
結局、簡単に抜けずパーツクリーナーや、浸透潤滑剤を交互に吹きつつ力技で少しずつ抜き取り・・・
30分近く格闘し・・・腰が砕けました~~coldsweats01
H4
エンジンを掛け暖める事も出来ないので、-42°になるラストブリザードでも買って来て試に使ってみようかと思ったほど・・・
抜いてみたバルブはカチカチにオイルが固まっていたところを見ると・・・暖気程度でなく、少し走ってバルブ自体に固着したオイル等を溶かすまでした方が良さそうですね~
H5

取り外してみても・・・
H6
かなり固着して固形物の段差があるほど・・・sweat01
多少の暖気では柔らかくなってる気配がないので、これがドロドロになるまで走らないときつかも・・・wobbly

”ELF-MOTO2”を使用してからメンテナンス時に抜くのに苦労してる気がします、気のせいかもしれませんが、”MOTUL710”の時はもっと簡単に抜けてた様な気もします・・・どうなんでしょうね・・・

取り敢えずエンジンクリーナーと耐水ペーパー掛けでスラッジを取り除き・・・
H7

ここまで綺麗にしてみました・・・
H991

ケーシング内も・・・
H91

組み込んで・・・
H992
今回はガスケットも新品に・・・
通常ならガスケットは何回かは使い回し出来るのですが、排気バルブ本体を抜く時に苦労するとガスケットが切れたりして再利用出来ません・・・
因って・・・今回は新品を使用します。

エンジン側もチェック・・・
H94

バルブ自体に2ストオイルを塗り込み装着・・・
H97

ソレノイドからバルブ本体に伸びる作動用のケーブルの取り回しにかなり無理がある構造なので、ケーブルが比較的に真っ直ぐケーシングに伸びるように結束バンドで軽く固定・・・
H98

その後、ガソリンタンクを戻しエンジンを掛け動作チェック!
V99


問題なさそうなの明日は軽い朝駆けでも行ってみます・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« ウインカーの不具合とウインカーリレー・・・その1? | トップページ | 朝駆け後は・・・功山寺と下関市立歴史博物館へ »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

今回はずいぶん汚れてましたね。
今までにもこんな状態になった事はあるのでしょうか?
これほど固まるなら、短期間に清掃ですかね?

綺麗に清掃できて安心でしたが、
今朝の朝駆けではどうだったでしょうか?

自分で整備出来るっていいな~と、つくづく思います。

久々に登場…
物凄い付着物ですね…
というわけで
https://www.amazon.co.jp/KURE-%E5%91%89%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E3%83%95%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB-2331/dp/B0155ZJKKU

URLはアマですが、ヤフーショッピングや楽天などの方が値段は安いようです。
まぁワコーズのフューエルワンみたいな奴ですが、こちらは2スト、キャブ車にも使用可能と明記されてますので安心して使えるでしょう。
そもそもRS125はレギュラー仕様?ハイオク仕様?ってとこから私は知らないですが(笑)

もしレギュラー仕様であればハイオクに切り替えるor上記のような添加剤を使うという方法をとりあえず3000キロだけ試してみても良いと思います。
費用的にはフューエルワン→モータークリア→ハイオク継続使用の順で高くなります。
フューエルワンはガソリンに対して1%(使用経験上0、5%を推奨)ですから1本使いきるまでかなりの期間掛かります。
これらはPEA(PAEだっけ)が主成分なわけですが、ハイオクガソリンにも入っているシロモノです(濃度差が固定か自分で調整出来るかもあります)
なので、添加剤を経験して使うのが面倒だという場合はハイオクを継続使用、購入を問題視しないならフューエルワンまたはモータークリアの継続使用ですね。
もちろんまずはテストする必要がありますから、やり易いのはハイオクを1000キロなら1000キロ使って排気デバイスをチェックする等してください。
一番分かりやすいのはレギュラーを1000キロ使ってチェック、状態記録後ハイオクに切り替えて1000キロ使ってチェック、レギュラーに添加剤を入れて1000キロ使ってチェックという方法ですかね。

まぁ気が向いたらという事で考えてみられてください。

☆ななくまさん、何時も汚れてはいるのですが今回はよく汚れてる方かな~^^;
多分、燃調をやや濃いめにしてる事と、最近の走り方も良くは無いのかもしれませんね~
もっとパンパンに回せばこれほど汚れないのかもしれませんが市内ではそれほど廻しませんし・・・^^;
それに、オイルの影響もややあるのかもしれません・・・
所詮、少なからず汚れが蓄積する所なので次回はしっかり走り込んでメンテしてみます。

この翌日の日曜日の朝駆けは川棚から豊北町辺りの山間部は路面がかなりウェットでした。
角島辺りも変な雲があったりして雨雲から逃げる事もありました。
ウィンカーの調子も微妙なので思い切り満喫した朝駆けではありませんでしたね~
でも、走れるだけ良いのかもと思うようにしてます。^^

☆MSさん、排気バルブは程度はどうであれそれなりに汚れますね~^^;

これだけ汚れてもエンジンが暖まれば違和感なく高回転まで廻りますけどね~
それでも清掃した後は気分的にも排気バルブが軽く動いてる気がします。
もう少し気温が下がり、パンパンに回せばそれなりに汚れも取れるでしょうが
蓄積はされるのかもしれませんね~
ただ、”モチュール710”の時はもう少しましな気もしましたが・・・
それも比較しはっきりさせるのは時間も掛かるし、
その時その時でエンジンの調子も変わるし、
クロ-ズドコースならともかく、一般道では乗り方も一定でないし比較は更に難しいそうですね!^^;

因みに・・・ガソリンはハイオク以外に入れた事はありませんよ~
添加剤はエンジンにもしも何かあると本末転倒な気もしますので、
本当に良いものと言う確信がない限り難しいかな~^^;
私の場合は清掃頻度を上げる方を取るかもです。^^

やはりオイルの性ですかね〜⁈
Motul だと暖気しなくてもスポンって排気バルブ抜けますょ。
年一回 約600km走行毎ですけど…(笑

そろそろ自分も清掃の時期です😁

☆azuyuzuさん、やはりオイルの相性?はあるんでしょうか~
私もMOTULの時は苦にならなかったですね~~
高価になって買えなくなりましたが、もしオイルの影響があるのなら
ここまで苦労するなら購入検討再浮上です・・・

ただ・・・ELFがもう1Lあるんですよね~~^^;

>ゾフィーさん
そうですか、失礼致しました・・・。

☆MSさん、いえいえいろいろな意見が聞けて有難いです。
私自身ガソリン添加剤の知識はありませんので商品を紹介される事も知識の蓄積になります。
^^

こんばんは〜。
PJ-MEでしたっけ?
アフターパーツでチタンコート?された商品も出てますね…純正品よりだいぶ安いですし。
というか、既にご存じでしたかね⁈
チタンコートの付加価値がどれほどのものかは未知数ですけど、防汚性や焼付き性は純正品よりは良さそうですヨ〜

☆モッチーさん、こんばんは!
PJMEでアフターパーツで安価なバルブが販売されてるのは知ってましたが、
言われてよく見るとアルミにコーティングされた物だったんですね、
コーティングまでは気が付きませんでした。^^;
ただ、チタンコートとの記述はよく判りませんでしたが、
仰る通り防汚性や焼付性、耐濡れ性と言う点に於いてはコーティングしてる分、
純正品よりは多少良いかもしれませんね!
今度、PJMEで何かを購入する時は予備品も欲しいですし良いかもしれません。
PJMEの商品見てるといろいろと試したくなるものたくさんありますね~~
もっと身近にあれば良いのに・・・^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/68496303

この記事へのトラックバック一覧です: 排気デバイスの清掃・・・:

« ウインカーの不具合とウインカーリレー・・・その1? | トップページ | 朝駆け後は・・・功山寺と下関市立歴史博物館へ »