フォト

前の記事はこちら・・・

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

MUSIC

無料ブログはココログ

« ”ホンダ・Dio”のキャブレター取り外し・・・ | トップページ | チェーンの調整とチェーンルブ、そして朝駆け・・・ »

2016年5月 7日 (土)

”ホンダDio”、キャブレターのOH

前回の作業に引き続き・・・
”ホンダ・Dio、AF34”の取り外したキャブレターのオーバーホールです。

キャブレターの構造は、RS125でよくデロルトのキャブレターの構造図を眺めている程度で、オーバーホールはネット上でよく拝見させて頂いてますが自分の手で行うのは初めてです。
出来るだけ細かく画像を残して、後日の組み付けの不具合に備えて作業を行います。

取り外されたキャブレター・・・
Z1

アイドルスクリューとエアスクリューを外し・・・
Z99991
上・・・エアスクリュー
下・・・アイドルスクリュー

そして、オートチョーク部分を取り外します・・・
Z2
下部の+ネジを2本緩めれば押さえ板が取れオートチョーク本体が取り外せます・・・

取り外したオートチョーク・・・down
Z3

オートチョークが差し込まれた部分・・・down
Z5
内部には特に汚れは無さそうです・・・

フロートカップボウル部分を取り外します・・・
Z7
Oリングが幾分傷んでます・・・取り外すと再利用出来そうにないかも・・・

フロート、メインジェット、スロージェット各ジェットが見えます
Z8
フロートはピンを抜けば簡単に外れます。
ただ、フロートバルブは画像を見て判る様にピンの真ん中下辺りでフロートを接続している金具のツバの部分に挿し込まれているだけで、ピンを抜きフロートを取り外した時にポロッと取れるので注意します。

フロート類を取り外した状態・・・down
Z9
中央部、上がメインジェットで下がスロージェット・・・
一番上の穴はフロートバルブが差し込まれている穴で、ここから燃料タンクからホースを介して流れ込んできます。

取り外したジェット類・・・
Z92
上・・・ニードルジェットとメインジェット
下・・・スロージェット
それなりに汚れが見て取れます・・・

取り外したフロートカップボウルにジェット類を入れ、エンジンコンディショナーを吹き掛けます。
Z93
そのまんま暫く浸け置きです・・・

その間、キャブレター本体にもエンジンコンディショナーを吹き掛け・・・
Z94

廻りに・・・
Z96

内部に・・・
Z95

Z98

ある程度置いたらパーツクリーナーで洗い落とし・・・
Z99

各穴にもパーツクリーナーを入念に吹き掛け・・・
Z994

ジェット類が付く穴も入念に・・・
Z993

アイドル、エアー各スクリューが付く穴も当然・・・
Z991

オートチョーク側も・・・
Z992

ジェット類の穴も綺麗に掃除・・・
Z995


Z998
因みに・・・
メインジェット・・・#80
スロージェット・・・#40

Z9993

穴が綺麗に通っているか確認・・・
ニードルジェットアトマイザーdown
Z9991

スロージェットdown
Z9992
スロージェットは元々小さいあなですが、洗浄前は汚れの為か穴がかなり小さくなってた様子でした。

取り外したパーツ類は暫く保管・・・
Z97

フロートカップボウルも綺麗にします。
Z7_2
内部の右斜め上にある針の穴の様な小さい穴はスタータージェットと言うらしいで。
その側面にあるオートチョークのノズルが入る穴へ通じてますがこれも入念に掃除します。
この部分が詰まってると始動性に影響するそうです。

Oリングを取り除いた後も・・・
Z996
液状ガスケットを併用したらしく、そのカスがかなりこびり付いてます・・・
当然これも綺麗に・・・

以下、綺麗なった本体上下・・・down
Z997


取り敢えずメインジェット、スロージェットを装着・・・
Z9994

光を当てると・・・eye
Z9997
こんな風に通じています。

各部の穴が綺麗に通っているか再度確認してみます。
パーツクリーナーを各穴に吹きかけ抜けてるか確認・・・
Z9996
上の画像内部・・・真ん中の突起状に出ている穴はジェットニードルが入りメインジェットに通じる穴
その下の小さい穴はスロージェットに通じる穴です。
先程の光はこの穴を通じて見えてました・・・

エアクリーナー側から見た状態・・・
Z9998
右横の穴は・・・オートチョークに通じてます。
真ん中下のやや大きめの穴は・・・メインジェットに通じてます。
その左やや上の穴は・・・エアスクリューへ
パーツクリーナーを吹き掛け綺麗に通じてる事を確認します。

キャブレター側面
Z9999
右側から・・・
上に出ているノズル・・・燃料ホースへ
中央上、左側に伸びるノズル・・・2ストエンジンオイルへ
中央の穴・・・アイドルスクリュー
その左・・・エアスクリュー

キャブレター側面、オートチョーク側・・・
Z99992
左の穴・・・フロートカップボウル内のガソリンオーバーフロー用のドレン

以上、これらの穴が綺麗に通じてる必要があるので確認し作業終了・・・



これから先の組み付けは、Oリング等が傷んでいたのでガスケットキットを手配しました。
到着は来週の予定なので以降の作業はまた次回に・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« ”ホンダ・Dio”のキャブレター取り外し・・・ | トップページ | チェーンの調整とチェーンルブ、そして朝駆け・・・ »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/65357739

この記事へのトラックバック一覧です: ”ホンダDio”、キャブレターのOH:

« ”ホンダ・Dio”のキャブレター取り外し・・・ | トップページ | チェーンの調整とチェーンルブ、そして朝駆け・・・ »