フォト

前の記事はこちら・・・

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MUSIC

無料ブログはココログ

« 朝駆け・・・山焼き後の秋吉台へ | トップページ | ヘルメット用スピーカー・・・ »

2016年3月23日 (水)

朝駆け・・・華山へ!

連休最終日の月曜日の朝駆けは、取り敢えず、、、角島方面へ・・・

その道中・・・先日から色付いたのを見てたのでここで一旦停車・・・
G1

川棚からR262へ出る間道です・・・
G2

角島方面に抜ける時は行きも帰りもここを通ります・・・
G4
桜は、”寒緋桜”の様ですね・・・

そして、目の前にある案内板・・・
G3
これを右折しR262へ・・・

ブルロードを走り、終点を左折・・・程なく右折し大庭山の左側の山間路を抜け滝部へ・・
その後はR435から角島へ・・・
G6
時刻は8時前ですが連休最終日にも係わらず、この時期にしては車両はやや多め・・・

”しおかぜの里”で一休み・・・
G7
今日は北寄りの風が強く灯台下の東屋は諦め、ここでパンとコーヒーの軽食・・・

この広い駐車場で昨日は、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、等々・・・果ては、2億?はする”ブガッティ・ヴェイロン”まで総勢100台以上のスーパーカーのオフ会があったそうです。
毎年この時期恒例?の様で、集まった車の総額は一体幾らになるんでしょう~~sweat01

そんな事もあった昨日とは打って変わって今日は静かな朝です・・・

食べ終わると特にする事も無く、灯台下を廻って景色を眺めつつ島を抜ける事に・・・
G8
この2日前はPM2.5か?黄砂か?花粉か?・・・凄くガスってましたが昨日から快晴・・・
綺麗な空です・・・sun

島を離脱し島戸港側から廻ってR191へ・・・
阿川駅に曲がり、豊北斎場の傍をかすめ滝部方面へ・・・途中で左折し農免道路からR269へ・・・

降りてきた農免道路・・・down
G9

見える案内板・・・eye
G91
これが”R269”になりますが右折し田耕方面へ・・・

粟野川の源流の一つになるのでしょうか?・・・
G92
この辺りは、あちらこちらの山からの源流が混じり合い、どれがどの川になるのか判りずらいです・・・coldsweats01

この川の傍を駆けるのもお気に入り・・・
G93

”田耕”辺りで”R435”の出て左折し少し行ったところで右折しR269へ・・・

裏道から”みのりの丘へ”・・・後ろに見える山頂が華山になります。G94

快晴の上に空気が澄んでいて、山頂からの景色はかなり望めそうです。
G95

みのりの丘を降り右折し、”R491”へ杢路子方面へ
G96
”旧殿居小学校維新分校”の前で一枚・・・
でも、本校に当る?R435は殿居郵便局の傍にある殿居小学校もこの春で閉校になったそうです。
廻りの人たちは寂しい思いをされてるでしょうね・・・この辺りはとても静観で良い所ですがそんなに僻地でもありません。
それでも若い人が働くと言う事では少し不便と言う事なんでしょうね・・・

ただ、この杢路子近辺は1昨年から熊の目撃情報もあり山深い所でもあります・・・sweat01

重兵衛茶屋の前をかすめ、”川棚越”方面へ・・・
G97
右下へい行くと、R260~R262の宇賀へ出るルートと、貴飯峠~R491から菊川へ出るルートがありますが、華山山頂へはここを左折します。

車幅は1~1.5車線はありそれ程道は悪くありません、ただタイトなコーナーが続きRSでは1速~2速、時折3速に入れますが半クラも多用するコースですsweat01
ただ、夜明け前は鹿や猪に要注意のルート・・・sweat02

頂上付近で、”ランチャー台”の案内板を更に登り・・・

左手にハングライダー用の”北ランチャー台”が見えて来ます。
G99991
これを過ぎたらヘアピンを曲がる様に右折し登れば頂上です。

ただ、その前にさらに奥にある”南ランチャー台”へ・・・
G98

左が菊川盆地で、右の奥に抜ける方向が内日から新下関市方面でしょうね・・・
G99992

菊川から豊田町へ向かう方面
G991

豊田町方面?・・・
G992

パノラマ画像・・・
G993


そして山頂へ・・・
G999

少し痛んでますが東屋が・・・
G9993

柱には・・・
G996
”此処まで登って委員会”?の看板が・・・

この柱の左下に三角点が・・・
G995
標高713.3m

”GPS・レーダーLCD”の標高表示は693mですが誤差範囲でしょうね・・・
G994

柱にはご丁寧に温度計も・・・7.5℃(AM9:26)
G9992

少し下って撮ってみると・・・こんな感じ
G9991

廻りの景色は・・・菊川盆地でしょうね・・・
G997

内日方面???
G998

白滝山の風車群が見えるところみると向津具半島方面ですね・・・
G9994
白滝山へもまた登ってみたいと思ってます。

RSが頂点へ・・・
G9995

この角度から見ると頂上とゆう雰囲気がよくお判りかと・・・
G9996

風の音と、上空を飛ぶ飛行機の排気音のみの世界・・・
G9997
この上空は飛行航路なのかよく飛んでます。それに機体が良く見える・・・

天空って感じ少しは感じて頂けました・・・sweat01
G9998

天気の良い日は是非また登ってみたいと思います。
G9999
病み付きになるかも・・・

ただ、草むらから音がすると心細い気持ちも・・・coldsweats01


地図は、”みのりの丘”から華山までのルートです・・・down
Y99

登山道を拡大・・・
Y991


以上、華山への朝駆けでした~~~





因みに・・・
腰上OH後、エンジンが暖まるまでは気を使ってはいますが、心行くまで暖まった後は気にすることなく回転数を上げて走ってます。
鍛造ピストンにして幾らかピストン自体が軽量化された事もあるのか、抵抗なく軽く廻りOH前よりは確実に良くなっている事が判ります。
9000rpmから上は金属バランサーギヤのせいなのかピストンOHの恩恵か、良いか悪いかは別にしてエンジン音が今までとは少し変わっている気がします。
オーバー25キロまでは淀みなく加速、それ以降もスムーズ伸びて行きそうですがそれから先はシャダイに掛けなければ難しそうです。
Wossnerピストンの私の今現在の評価は◎です。悪い所は感じられません。


先日交換したタイヤ・・・”ブリヂストン・S21”
フロントタイヤのクラウン形状を小径化する事で、コーナリング時の車両を傾けた状態におけるタイヤと路面の接地面が車両前後方向に長くなり、これによって車両を旋回させる力(キャンバースラスト)が増大、軽快なコーナリング性能の向上に貢献する・・・
確かに旋回性能は向上したように思われ、華山への登り下り・・・タイトなコーナーに対しフロントタイヤがスッと入り込んでくれます。
スピードが乗った時の切り返しはすこぶる向上した様には感じませんが、S20EVOに対して悪くなったことは無く、よりスムーズに車体が倒れる気はします。
一番に感じた事は、路面のギャップをスムーズに拾ってくれて本当にサスペンションを上級のものに換装したと勘違いするほどで、コーナーに対して今まで以上に気軽にスムーズに侵入し、コーナー途中での後ろブレーキの修正もスムーズに反応してくれます。
コンフォート性と置いう点ではとても満足!、ただ、この美味しい所がいつまで持続できるかが気になる所です。
グリップも通常では破綻しない充分なグリップ力で、路面にしっかり押し付けれさえすれば私の様なレベルではそれはもう充分・・・
これでライフが30%アップすれば言う事なしです!!
取り敢えず感じた事を簡単に上げてみましたが、先々思い立ったら内容の変更、追記も先々あるかもしれません・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« 朝駆け・・・山焼き後の秋吉台へ | トップページ | ヘルメット用スピーカー・・・ »

朝駆け・・・ツーリング・・・」カテゴリの記事

コメント

角島の打ち寄せる波をみると
少し白波もあって風が強そうですね。
そろそろ観光客も増え始める頃でしょうか?

たくさんのバイクが止まってると
素通りすることが多いですが
ゾフィさんの駆けられる早朝は駐車場も少なくて
ゆっくり出来ますね。
陽も当たって気持ちが良さそうです。

華山に登られたんですね。
頂上からの景色は見事です!
僕もここからの景色は好きですが
バイクではちょっと怖いかな?

バイクは絶好調ですね~。

なんとも素晴らしい景色ですね!
ここでコーヒーとか飲んだら美味しいそうですね。

エンジンOH後、快調のようで何よりです、タイヤもRSそして御本人とも相性良さそうですね。(^o^)/

ゾフィさんこんばんは。
角島から崋山まで早春を感じさせる快晴は良いですね。
RS125もカッコよく映えております。

ヴォスナー・ピストンは当たりですね。
鍛造で軽く作ってありますが、ちょっと軽いだけでもものすごい速さで上下する物体としてはその軽さが大きくかかわってきますね。
鍛造なので放熱性も悪くないんだろうなと想像します。

サスの動きが悪いストック状態のRS125でタイヤで落ち着きが出るのはうれしい限りですね。
雑誌のインプレでもS20EVOと比べて良くなってもネガティブになった部分はないとしておりますのでやはり期待出来るタイヤのようですね。

私の所はキャブを VHSB34 に交換するのをやり始めている所です。
多分、メインジェットとニードルの段調整は必要だと思いますが、それ以外の所はおおむね弄らなくてすみそうなのではないかという感じはしています。
メインジェットは #160 が付いてきておりましたが、1994年モデル辺りは #155 がノーマル状態らしいのでこのままだと濃そうだということだけわかります。
カートのROTAX MAXエンジンは #168辺りがストック状態らしいんですが、すごい大きさだなと思いました。

☆ななくまさん、この日の角島は橋を渡る時も風に流されそうでした・・・^^;
早朝は大人数のマスツーの方は殆ど来られなく、2~4人またはソロの方が多いいですね~
その程度だと私も気兼ねなく停めれます。^^

華山はこの間から狙ってたのですがこの日に上がって正解でした。
バイクでは今回で3回目ですが、一番綺麗に下界?が見えました。
確かに一人で上がるのは少し気を使いますが、何度か上がれば幾らか慣れて来るようです。
バイクのエンジンも落ち着いたようですし、視界が良さそうな時にまた登ってみようと思います。^^

☆azuyuzuさん、この日の景色は今までで最高でした。
山口県は高い山が無く、せいぜいこの程度で市内最高峰となりますがそれでも気持ちはいいですね~^^
確かに、ここでコーヒーを沸かして飲むと美味しいでしょうね~~
以前、磯釣りで場で使用していた携帯用のバーナー等は持っているのですが、RSでは小さ目のシートバックが必要かな~^^
エンジンはもう問題なさそうです、取り敢えず12000rpmまでは廻してみました。
今の時期、燃調が合い易い時期?だけに気持ち良く走れてます。
タイヤは下し立ての時は何時も気持ちよいのでもう少し乗らないと本当の良さは判らないかもしれませんが”S20EVO”に対して劣る所は見当たらない気はします。

☆猫R@関西さん、この程度の高さの山でも快晴だと気持ちいいです。
角島からこの辺りは信号も無くその気になれば速度も上げて走れるお勧めルートです。
ヴォスナーのピストンはPJさんのサイトのインプレも良かったですが、私も今のところそう思います。
鍛造品を苦労して?選んだのは良かったと思いたいですね・・・^^

RSの純正の足回りはプリロード調整だけではパンパン跳ねるだけで荒れた舗装路では恐ろしいものですが、タイヤを交換したての時はそれも忘れさせてくれます。
”S21”は特に良さを感じます、この先どこまで安定しているかが見ものですね。

キャブを”VHSB34”にですか!、いいですね~、私も一度で良いから初期のフルパワーを体験したいです。
それが叶わぬなら、せめて30φに換装したらどうかな~と以前から思ってはいますが実現してません・・・^^;
色々と燃調も大変そうですが、完成の折にはまたインプレ聞かせて下さいね!!^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/64591671

この記事へのトラックバック一覧です: 朝駆け・・・華山へ!:

« 朝駆け・・・山焼き後の秋吉台へ | トップページ | ヘルメット用スピーカー・・・ »