フォト

前の記事はこちら・・・

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

MUSIC

無料ブログはココログ

« タイヤ交換、終了しました・・・ | トップページ | 白野江植物園の”河津桜”と、門司港レトロの”カレーフェスタ” »

2016年3月11日 (金)

タイヤ交換、”BATTLAX-S21”・・・

前回の記事でタイヤ交換が終了した事をアップしました。
未だタイヤの慣らしは終わってませんが交換毎に行っている外観等の比較を・・・

今回使用するタイヤは・・・
『BATTLAX-HYPERSPORT ”S21”』
です。
S212_1
画像は、”ブリヂストン”さん(以下、BSさん)のサイトから拝借させて頂きました。

これまで使用していた”S20EVO”からの継続・新製品なのでしょうが、”S20EVO”にあった”Hレンジ”品は今のところ販売されおらず”Z”レンジのみになってます。

因って今回購入した”S21”は・・・
フロント・・・110/70ZR17M/C(54W)
 標準リム幅3.0 外径:592㎜ トレッド幅:110㎜
リ  ヤ  ・・・・150/60ZR17M/C(66W)
  標準リム幅4.0 外径:619㎜ トレッド幅:154㎜

外径・トレッド幅は”S20EVO”と比べ、フロイントはトレッド幅と外径で”S21”が共に1㎜大きいだけでほぼ同じサイズ・・・
リヤに至っては同サイズで、見た目で感じるタイヤの大きさは同じと言っていいと思います。

ただ、”S20EVO・Hレンジ”では、フロント・リヤ共に1種類のコンパウンドを使用したシングルトレッドでしたが、”S21”でのこのタイヤサイズは、フロント・リヤ共に3種類のコンパウンドを使用した”3LC”構造になってます。(サイズによってはリヤは5LC)

”S20・EVO”の対比で、ウェット性能では変わりは無いようですが・・・
ドライでのグリップ、ハンドリング、旋回安定性がアップしていて摩耗ライフで30%向上となっている様です。

BSさんのサイトから拝借させて頂きました。down

Jp06


更なる詳細は私がごたごた言うより、”ブリヂストン”さんのサイトをご覧になった方が良いですね・・・↓↓↓
http://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/products/detail/pr138/



このバイクでのタイヤ交換はこれで3度目・・・

OEMタイヤのダンロップ・α10
 ※5,400キロ走行(劣化?が見られ交換)

1回目・・・ミシュラン・パイロットパワー(ODO:5,400キロで交換)
  ※10,600キロ走行

2回目・・・ブリヂストン・S20EVO Hレンジ(ODO:16,000キロで交換)
  ※7,900キロ走行

3回目・・・ブリヂストン・S21(ODO:23,900キロで交換)


それではS20EVOと画像で比較を・・・

全体画像、”S20EVO”・・・down
S1

”S21”・・・down
Ty1
画像のコントラストも違うし素人目では何とも言えませんね・・・sweat01
ただ、フロントタイヤについてはトレッドの縁に当るクラウン形状を小径化し旋回性能を上げてると言う事ですしリヤはこの逆???
これ以降の画像もその辺りを注意して見ると多少違いが判るかもしれません・・・本当に判るのかな~sweat02

斜め後方から、、”S20EVO”・・・down
S3

”S21”・・・down
Tty2



斜め前方から、”S20EVO”・・・down
S4

”S21”・・・down
Tty8

タイヤのシリアルナンバーを見てみます・・・
Ty93
これはフロントタイヤ、右側の下にある番号・・・

アルファベット3文字の後に数字が4つ・・・画像をアップするとdown
Ty92
”0116”とあります・・・後ろの2文字が西暦の下2桁、前の2文字がその年の週を表わします。
と言う事は、このナンバーでは、2016年の第1週に製造されたと言う事ですから、新年明けた仕事初めの週に製造されたって事ですね・・・

こちらは、リヤタイヤ・・・
Ty9
”5115”とあるので、2015年の51週目と言う事になり、去年の年末ぎりぎりの週で製造された様です・・・
数字の前のアルファベットは企業内での仕様の様な物だそうで、タイヤの種類?仕様?来歴?製造工場地?等々を当てる様な事をお聞きしました。どちらにせよ公開しておらず詳しくは教えてくれないみたいです。


トレッドのパタンについては、”BSさん”のサイトにこうあります。(サイトから拝借させて頂きました)
Jp04
(1) 三次元形状の溝端部はトレッド剛性をアップさせ、コーナーグリップ向上
(2) センターラインを超えるラグ溝でセンター部のトレッド剛性を最適化、路面との接地性が良化し軽快性向上
(3) リアタイヤセンター部にリブブロックを設けることで、滑りを抑制し摩耗ライフ向上(ULTIMAT EYE™)
(4) ショルダー部は、スリッキーな溝配置で、大きな接地面積を得て、コーナーグリップ向上


それを踏まえ見て頂ければ判るのかな~?

正面から”S20EVO”・・・down
S5

”S21”・・・down
Tty5_2
両者のパタンは違い、変更されてるのが判ります。

また、フロントタイヤについてはトレッドの縁に当るクラウン形状を小径化し旋回性能を上げてると言う事です。

詳しくは以下、BSさんのサイトから拝借させて頂きました。
Jp01

フロントタイヤのクラウン形状を小径化する事で、コーナリング時の車両を傾けた状態におけるタイヤと路面の接地面が車両前後方向に長くなり、これによって車両を旋回させる力(キャンバースラスト)が増大、軽快なコーナリング性能の向上に貢献する

”S20EVO”・・・down
Tty94

”S21”・・・down
Tty91
画像では判りにくいですが、確かに縁の部分に掛けてRが小さくなってる気はします。

真後ろから、”S20EVO”・・・down
S7

”S21”・・・down
Tty6_2
こうやって比較してみると前後ともパタンが違うのが判ります。

そして、もう一つ大きな?違い・・・グルーブの深さが違うらしいです。
”S20EVO”と比較して深くなっているそうで、そこで”S21”の溝の深さを計測してみました。

Tty95何処まで正確はさて置き・・・

フロント・・・約4.5㎜
リ  ヤ・・・約6.5㎜

私は”S20EVO”の新品タイヤを持ち合わせないので、比較用に深さを計測する術はありませんが、私がよく拝見させて頂いてるサイトさんの記述をお借りすると、14%前後深くなっているそうです。

その溝の深さと、3LC構造のセンター部分のトレッドの硬さや、リヤタイヤのセンターにリブブロックを持って来てのトータル??で、ライフ30%向上・・・って事とか???
(全て受け売りです・・・^^;)

ま~、私の場合は、軽量・小排気量車種なので中・大型バイクの様に参考になるデーターと言うものも得られないでしょうし、この排気量でこのタイヤが履けるバイクも数が知れてますから如何なものかとは思いますが・・・、お付き合い頂けるなら1年後の結果をお楽しみ下さいね。。。




↓↓↓参考までに、過去のタイヤ交換の様子↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-7e47.html
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-5011.html


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« タイヤ交換、終了しました・・・ | トップページ | 白野江植物園の”河津桜”と、門司港レトロの”カレーフェスタ” »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

初めまして、影ながらいつも楽しく拝見させていただいております。エヌエヌと申します。

ブログとは全く関係ない質問で申し訳ないのですが非常に困ったことになっておりまして、ブログ主様、皆様にお力添えをお願いしたくコメントさせていただきました。

私もRS125 09を所有しておりまして、先週右側に転倒してしまい、ブレーキペダル、スイッチボックス、レギュレータ等、様々な部分が破損してしまいました。なんとか自力で直したのですが、電圧計が以前とは違う数値を指しているような気がしております。
以前はアイドリングからアクセルを開ける間で電圧計の数値は13vくらいで安定して数値が変動していなかったような気がするのですが、
直してからアイドリングは13v付近で安定しているのですがアクセルを開けると15vまで上昇しています。レギュレータも交換したのですが変化がありませんでした。また、電圧は15vで頭打ちしていることからレギュレータは機能していると考えられます。他のバイクの電圧などをいろいろ調べてると15vは出過ぎですがアクセルを開けると電圧が上がるのは普通の現象なのではないかと思ってしまいます。結局原因が何なのかわからず困っております。ブログ主様は普段の電圧はどのくらいでしょうか?
長文失礼いたしました。
今後も楽しく拝見させていただきます

☆エヌエヌさん、はじめまして!、何時も見て頂いてるとは恐縮です^^;
転倒されたとは大変ですね、胸中お察しします・・・^^;

普段、走ってても余り電圧計表示を見ないのよく判りませんが、今見てみると・・・
私のRSは、キーを廻してセルモーターを廻す前が電圧は下がって行きますが11.9~11.6v前後(HIDヘッドライト)
アイドリング1200~1500回転で13.2~13.4v
回転を3000~4000rpmに上げたら14.5v前後、上がっても14.7 くらいでした。
確かに14vの後半の数値は見た事がありますが、15v以上に上がったのを見た事が無い様な気がします・・・・今度また気を付けてみますが・・・
気になる様なら、持ち込み出来るショップさんがあるなら一度確認されてみてはどうでしょうか?
交換したレギュレターは新しいものですよね?新しいものでも不具合いがある事もあるのか??
メーターの表示もあってるのか??等々、転倒するとあちこち気になって来そうです・・・
私は電気にも疎く、気の利いた話が出来なくて申し訳ありません・・・^^;
でも、皆さんもどうなのか気になりますね~

RS乗りが少ないため、貴重なお話を聞けてとても参考になりましたm(_ _)m

そうなんです。私も普段電圧計を気にすることはなかったのですが、転倒してからすごく気になってしまい神経質になっていた部分があったのかもしれません汗

また私のRSはショップ購入ではないためショップに頼ることができず日々ブログ主様のエアフィルターやギアオイル、メインジェットの交換など参考にさせていただいておりますm(_ _)m

レギュレータも転倒時、早急にバイクを直す必要があり、某オークションで中古で入手したため、そこも疑わしい部分であると考えております

また、レギュレータ交換時にバッテリーも疑って、新しい物に替えたのでそれで15vを振り切ってしまいましたので古いバッテリーでは大体ブログ主様と同じ電圧になっておりました

この状態でかれこれ800kmほど走行しており、特に異常がないようなので問題ないと信じたいです(⌒-⌒; )

貴重な意見ありがとうございます

☆エヌエヌさん、新品のパーツでないのも気になりだすと気になる所・・・ですか?・・・^^;
私の場合は赤男爵さんでの購入なのでパーツの入手は問題ありません。
ただ、赤男爵さんはバイクを購入してないと別途登録費用を払えば会員になれるそうですが、結構高額な様ですね~^^;
他には、海外のサイトで個人輸入するか、ピアジオグループの傘下に入っているお店であれば融通を効かせてくれるところもあるかもしれませんね。
ただ、大都市圏ではありそうですが、地方ではそんなショップさんありませよね~^^;
メンテナンスは自分で出来れば良いのでしょうが、私はそんなスキルは無いので近所のバイク屋さんに行き、受けてくれる所があったのでお願いしています。
それでも、メンテナンスの情報とパーツは持ち込みです・・・
でも、バッテリーやレギュレター、オルタネーター当たりの事なら不具合を調べてくれるバイク屋さんはありそうに感じます・・・
余程気になるなら良さそうなショップさんがあれば飛び込んでみるのも良いかもしれませんよ~

タイヤ交換など自分で出来ないものは近所の二輪専門店でお願いしていたので、そこで新品のバッテリーを購入した時に、症状を話したのですが、バッテリーレギュレータ交換して直らなかったら難しいとおっしゃっており、お店自体、私のRS以外取り扱ったことがないとのことで納得のいく回答が得られませんでした(⌒-⌒; )

調べてみると運のいいことに、近くにアプリリアの代理店があるとのことなのでそこに持ち込んでみます。
様々なアドバイスありがとうございます、とても参考になりましたm(_ _)m

今後も影ながらブログ応援させていただきます

☆エヌエヌさん、なかなかいいアドバイスが出来ずに申し訳ありません・・・^^;
でも、ショップさん選びは難しいようですね・・・
近くのアプリリア代理店が購入店でなくても診て頂いけて、この先もパーツも手に入るといいですね
又、遠慮なく訪問、コメント頂けたら嬉しいです。

ゾフィさんこんにちは。
私の周りでもインフルが流行っているようです。
暖かくして養生して下さいね。

解説有難うございます。
S20と比べてもかなり本気のタイヤということがわかりますね。
軽量のRS125で3LCのZレンジはどういう結果を生むのか気になる所ではあります。
溝のパターンとしてはS20の曲がった釘のようなパターンから滑らかな曲線になって私好みにはなりました。

この浅い絵柄のようなパターン(ピレリのエンジェルも同様)この薄いパターンが消えたら一番おいしい所は終わりですよって意味じゃないよね…(笑)
溝が深めなのは3LCでセンターが硬めになった分溝で柔軟性を出したのかと思ってしましました。

かなり良くなっていて期待できるのではないかと感じました。

エヌエヌさんへ
猫R@関西と申します。

私のRS125は07年製で、過去は開放型のバッテリー、現在はリチウムイオンバッテリーを搭載していますが、電圧値はゾフィさんとほぼ同じです。
開放型バッテリーの時は、しばらく使用した開放型バッテリーでなおかつ容量が半分くらいまで減っている時だとアイドリングから4~5千くらいまでまわして行っても13ボルト台を指しまてました(充電されると元に戻る)

新しいバッテリーということですが、15Vは微妙に高い気もします…。
レギュレーターは中古ということですが06年以降の車種に付いていたものを使用していますでしょうか?。
あと、距離を走っているものではレギュレーターの半導体素子が微妙に劣化して少し高い値を示す場合もないとは言えません。

また、15Vを指すようになったのがバッテリーの交換後でしたら、使用のバッテリーが原因なのかもしれません、そこそこきちんとしたメーカーのものでしょうか?

スピードメーターの電圧計に問題がなければ、あとはバッテリーとレギュレーターの問題ではないかと思したが、一つづつ洗っていくしかなさそうです。

☆猫R@関西さん、私のインフルの場合は熱がそれほど上がらなかったのが幸いでした。
それよりも・・・我が社は普段でも有給休暇を認めないばかりか(休めば欠勤減給)、今回のインフルでも6割しか見てくれず・・・
実はこれまではインフルでも欠勤扱いで休んだ日当分減給でした!^^;
医療費は掛かるわ給料は減るわでブラック企業・・・・って感じでつい愚痴が入ってしまいます^^;

”S21”では、Zレンジのみとは言え3LC構造になり先々どの様に影響して来るか楽しみです。
ただ、RSのパワーくらいで、しかも私がどこまで体感できるものかは???ですが・・・^^;

このタイヤを見た時は私もピレリのエンジェルを思い出しました。^^
でも・・・確かに直ぐに消えそうですが、それで終わりは・・・無いですよね~、、、あったら困ります^^;
タイヤの溝+センター部のコンパウンドでライフ30%アップ?と言うのは私がよく行くサイトの方が初見で仰ってた事の受け売りです。
ミシュランのテストライダーの様な仕事もされてる方で、ご自身でも足回り専門のショップさんをされてる方でとても参考になるお話を拝見する事が出来ます。
ご存知かもしれませんが、こちらがそのサイトのアドレスです。宜しかったらどうぞ~~
http://blog.reira-sports.com/

電圧計の件は、納得のいく見解で私にも役に立つお話しでありがとうございます。^^
バッテリーにしてもネットショップ等では信頼性に??的な色々な物が出回ってますし、電気的なものは特に一つ一つ見直さなければ難しそうですね・・・

猫R@関西様、初めまして
ご返答ありがとうございます。レギュレータが劣化している場合もあるのですね。
バッテリーですが、互換性のあるバッテリーがフルカワバッテリーのFB9-Bしか置いていなかっため、二輪専門店で仕方なく購入し、時間がなかったため、100%充電出来なかったのですが、3/4ほど充電してもらい装着しました。
レギュレータなのですがこちらは06-用がなくコネクターの形が同じ99-05用が互換性があるのでは、と考えそれを購入しました。

また、昨日なのですが、走行中にメーター横の冷却水の目盛りがいつもは3目盛りなのですが異常に上下しているのを確認しました。接触不良ではと思い、付け直したのですが変化なしでした。これも過電圧によるものなのでしょうか?

ブログ主様のアドバイスにより、新しいレギュレータを注文することができたので一度取り付けて様子を見たいと思います。

エヌエヌさん

猫R@関西です。

>走行中にメーター横の冷却水の目盛りがいつもは3目盛りなのですが異常に上下しているのを確認しました。接触不良ではと思い、付け直したのですが変化なしでした。これも過電圧によるものなのでしょうか?

この現象は体験したことがあります。
原因は2つほど考えられます。

一つは、シリンダーヘッドにある水温センサーのコネクタ部分が緩んでくると(緩みやすい構造)接触不良を起こします。
メス側の端子が開いてゆるゆるになってくるのでプライヤー等でごく微量に曲げ戻して接触圧を復帰させます。

もうひとつは、RS125の持病ともいえる現象なのですが、長い距離を乗っていると冷却水が漏れてくるというのがありまして…(詳細は別途参照)冷却水が足りなくなってくるとシリンダーヘッドの水温センサーが走行時の車体の姿勢により浸されたり浸されなかったりという感じになって温度が正しく表示されないことがあります。この場合の確認は、クーラントのリザーブタンクにクーラントが指定の通りまで入っているかを確認します。
リザーブタンクが空になっていたら要注意です。

また、バッテリーからエンジンへのアーシング(マイナス側電極の接続)の配線が緩んでないかを見て下さい。

それ以外は…、確率は低いと思いますが、スピードメーターのコネクタの接触とか、メインハーネスASSYに問題があるか、温度センサーの故障とかでしょうか…。
(メインハーネスのテストはテスターがあるとテストしやすいです)

☆エヌエヌさん、パーツ購入のめどが付いたみたいですね?
もしそうなら、これからは純正パーツが入手出来て、少しでも良い状態で乗れそうですね。

猫R@関西さん、何時もお詳しい情報有難うございます。水温センサーが緩むという話は聞いたことがありましたが、なるほどメーターのバーがそういう感じに触れ出したら要注意ですね!^^

猫R@関西様、ブログ主様いろいろなアドバイスありがとうございますm(_ _)m

まだバイクを確認していないのですが、以前チャンバーの上の部分に何か液体のようなものが掛かった様な跡があり、冷却水も心なしか少なくなっていた印象があったので、この3連休で水温計を直してみようと思います。またレギュレータは言わずもがな輸入になってしまったため、2週間から3週間ほどの納期になるそうなのでそちらは気長に待とうと思います。

☆エヌエヌさん、チャンバーの上の液体・・・もし、冷却水漏れならご存知かもしれませんが私も経験しました。去年の10月の記事から何度かアップしてます。

ウォ-ターポンプが原因ならエンジン前部の排気口向かってやや右下近くに確認する穴が開いてるので、走行後にそこからドロ~と漏れたらオイルシール等の交換、オーバーホールになると思います。
現在の走行距離や修理の履歴等が判れば良い判断基準になるかもしれませんね・・・
私の場合はそれほど慌てる事も無いくらいの漏れだったようで、それ以降3ヶ月数千キロ走りました。
でも、もしそうだったら純正パーツはどうしても時間が掛かりますから早目にパーツ等は手配した方が良いかもしれませんね・・・^^;

ただ、転倒後の事ならまた違う要因も考えられるかもしれませんから、クーラントのホース廻り、ジョイント部の確認、エンジンルーム内の確認等々もう一度しっかり観察する事も良いかもしれません。

レギュレターも待ち遠しいですね・・・^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/64398284

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ交換、”BATTLAX-S21”・・・:

« タイヤ交換、終了しました・・・ | トップページ | 白野江植物園の”河津桜”と、門司港レトロの”カレーフェスタ” »