フォト

前の記事はこちら・・・

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

MUSIC

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

朝駆け、秋吉台~佐々並~阿武川ダム~萩~角島・・・

年末の簡単なメンテナンスも終わり、前日にチェーンの給油をし今日は朝駆けに・・・dash

年末年始の休暇に入り、久々にじっくり駆けれそうなので私にしてはちょっと遠出・・・

この日は内陸部を目指すので、路面凍結を避け少し遅めの8時前にスタート・・・
何せこの日の気温は、下関市で最低気温6.1℃、最高気温8.7℃、と今年最低気温と言ってもいい程・・・sweat01
ただ、天候は良いので市内では日が当たる所はそれでも暖かくsun感じました。

そして、駆ける方面のこの日の気温に目を向けると・・・
豊田町・・・最低気温-1.4℃、最高気温7.6℃
秋芳町・・・最低気温-1.4℃、最高気温7.6℃
美祢市・・・最低気温-1.2℃、最高気温6.5℃
萩  市・・・最低気温4.7℃、最高気温7.6℃
ちょっと氷点下ってsweat02・・・・いや、、、かなり冷えそうです・・・coldsweats01sweat01

そんな中、かなりの覚悟で出発dashdash

気温の著しい低下を感じたのは菊川町から豊田町に入った頃からです・・・
廻りの田畑は霜が降り真っ白・・・sweat01
豊田町から美祢、秋芳町まではかなりきつかったですね~~coldsweats01
そんな中、先日購入したウィンター用グローブは秋芳町辺りでは指先も冷えて来ましたが、それでもこれまで以上に快適でした。scissors

最初の目的地・・・秋吉台に上がりますupwardright
X1
ご覧の通り・・・快晴sun

展望台下の駐車場でトイレ休憩しますが、秋芳町の町は身も縮むほど寒くてもここは何時も暖かく感じます。
X2

スッキリした後は、カルストロードを走りますが・・・dash
X3

車もバイクも殆ど走ってませんね~~happy01
X4

ほぼ貸切状態・・・
X5

景色も堪能し・・・eye
X6

暫くここで”まったり”したいくらいです・・・confident
X7

この後、カルストロードを下り大正洞の駐車場に滑り込み・・・downwardright
X8
ガラガラです・・・coldsweats01

ここで、暖かい缶コーヒーと持参のパンで朝食・・・
X9

この後・・・R490~R32で萩方面に向かいますが、途中で右折しR312から”道の駅・旭”方面に・・・
そこから県道10号線を経由し、佐々並川を下り?阿武川ダムを目指します・・・dash
X91

途中から苔生した道に・・・sweat02
X92

佐々並川沿いを走り・・・dashdash
X93

この辺りの景観は良いですね~eye
X94

ここから左折したら・・・
X95
くるっと廻ってここへ戻って来ちゃいました~coldsweats01

道中かなりの酷道ぶりもありましたが何とか走り抜け・・・
X96

阿武川ダムへ到着・・・
X97

秋吉台とは違い寒々とした冬空です・・・
X98

ダムの放水は迫力ありました。
X99

山口県北部・西部では一番の瀑布かな~?
X991

記念撮影も・・・
X992

ダムを下って・・・
X993
ここからR67~R262を経て萩に向かいます・・・

”道の駅・旭”からここまでのルートは以下の通り・・・
H99994
真ん中のくるっと廻ってる所が1周したところですね・・・sweat01

その後、萩は世界遺産となった”反射炉”へ・・・
X994

反射炉の解説です・・・down
X995

X996

世界遺産なんですが・・・そう言われてもね~~coldsweats01
X998
文化遺産と言う事は重々認めますが、世界遺産になって何が良いのか???
維持できる予算が捻出されのは良い事かもしれませんね・・・

世界遺産になる前から寄って見たかった処なんですが、世界遺産になったおかげで観光客が大挙して押し寄せていた様で近寄りがたくなりましたが、流石に寒さと年末のこの時期は人気が無い様で・・・
X999
おかげでじっくり拝見できました。happy01
X9991

コンビニの駐車場が、ここ反射炉の駐車場にもなっていますが、駐車場に帰る途中に上からRSを眺めたら・・・eye
X9992

上から自分のバイクを眺めたのは初めてで、新鮮な眺め・・・happy01
X9993
自画自賛ながら・・・上から見たら結構いいフォルムです・・・
日本のバイクではなさそうなデザイン?イタリアっぽさを感じるのは自分だけ・・・?

萩の武家屋敷散策はまた次回のお楽しみにして、長門市を目指します。

ルートは何時もと同じ・・・
H99993
R191でなく、三見をかすめるルート

途中給油して・・・”みのりロード”へ・・・
H99992

角島へ
X9994
久々に”角島焼き”でも食べて昼食代わりにしようかと思いましたが・・・
なんと、休日・・・sweat02
それでも・・・駐車場は車は多く止まっていましたが、バイクは・・・・さすがに少ないですね~sweat01

致し方なく昼食は諦め・・・灯台下をくるっと廻って帰路へ・・・sad

豊北町の農面道路を経由し、風車の下を抜け、下畑の農村を抜け・・・
H99991
ブルーロードの終点辺りで合流し川棚を抜け・・・

無事帰還・・・

大正洞からのこの日のルートです・・・
X9995

走行距離・・・290キロ

排気バルブのケーブルを交換し、エンジンもスムーズに感じます。
ソレノイドの動作音が聞こえるようになりました。
どうもこれまでのケーブルは痛みもあり、少し負荷が掛かっていて動きが極僅かですが鈍かったのかもしれません。
排気バルブの掃除と共にケーブルへの給油もした方が良いのかもしれませんね・・・

今年も残すところあと2日・・・
天気も微妙だし、時間も取れるかどうか・・・これで走り納めかもしれませんね~~

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月27日 (日)

エアーフィルターの交換・・・

定期的に行っているメンテナンスの一つ、エアーフィルターを交換しました。

前回の交換は半年前の6月21日、走行距離:18,106キロ でした。

今現在の走行距離は、”22,050キロ”なので4,000キロ弱で交換と言う事になります。
アプリリアのメンテナンス表では、4000キロで清掃・8000キロで交換】

私はエアーフィルターは、デイトナのターボフィルターを使用しています。
F1
Lサイズでは2枚のフィルターが取れたので、これを清掃しながら交互に使用しています。

ガソリンタンクを起こせばエアーフィルターのボックスが見えますが、ガソリンタンクを取り外し作業します・・・
A1
4本のボルトを外せば蓋が取れます。
作業の詳細は過去のこの記事へ・・・↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-6e88.html

蓋を取り外し目視でチェック・・・eye
A2
汚れがひどい場所は何時も同じですね・・・

ボックス内をチェック・・・
A3

底にある液体は、ターボフィルターに滲ませてあった2ストオイルです。
A4
ターボフィルター自体は湿式でなくとも使用出来るようですが、塵芥類を少しでも捉えてもらうのと湿気の侵入を防ぐ役目があるそうなので気休めでも敢えて少量の2ストオイルを滲ませ湿式で使用しています。

ボックスからキャブレター側をチェック・・・
アクセル全閉・・・down
A5

アクセル半開・・・down
A6

アクセル全開・・・down
A7

交換するエアーフィルターと、使用済みのエアーフィルターの比較・・・
A8
半年、4,000キロ走行後の汚れは何時もこんな感じですね・・・

汚れたフィルターは綺麗に洗い、次回に備えます・・・

この後、元通りに復帰しエアーフィルターの交換は終了・・・



ついでに、先日排気バルブを交換した時に少し減っていたバッテリー液を補充・・・
A9

全ての作業が終わったところで、他に以上が無いかチェックします。
A91

この後、ガソリンタンクを戻し、2スト用エンジンオイルを補充しこの日の作業は終了です。


年末のメンテナンスはこれで全て終了・・・


明日は仕事納め・・・
年内は天候も良いようですし、走り納めも気持ちよく走れそうかな??

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月23日 (水)

RS125、排気バルブケーブルの交換・・・

先日、手配していた排気バルブのケーブルが手元に届きましたが、本日やっと交換する事に・・・。

今日は天気予報では9時過ぎから小雨??・・・
朝駆けは取り止め、8時から作業開始・・・この時期、外での作業はちょっと寒いです。sweat01

ケーブルを交換するに当たって・・・当然バルブ本体も清掃する事になるので、開始から復帰、エンジン始動まで作業時間2時間を目標に・・・スタートsign02

現時点での走行距離は・・・22,000キロ

最初に・・・燃料パイプや電気系統のコネクターを外し、ガソリンタンクを取り外します。
M4

右側の黄色で囲った辺りの下に、排気バルブを作動させるソレノイドバルブがあります。down
Photoeye

クーラントリザーブタンク、バッテリー、バッテリーケースを外せば排気バルブにアクセス出来ます。

排気バルブが見えて来ます・・・eye
H4
ここまでは何時もの通り・・・

排気バルブの清掃の手順や細かい様子はこちら過去の記事へ・・・
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-6e88.html

先程の右下辺りにソレノイドバルブが・・・down
Q1

明るくするとこんな感じ・・・
Q2

ここでソレノイドバルブの動作範囲を確認します。

先日の記事にアップした様に、この範囲を7.5~8.5mmに調整するとあります。
H99211

先日、製作したゲージで計測してみます・・・

使用したゲージはこれ・・・down
Z8

この中のゲージ、上限の8.5mmを当ててみます・・・

Q3
カメラのフラッシュで反射して良く見えませんが、青↑が8.5㎜のゲージ・・・
動作範囲が思惑とは違い見事に広く取られており・・・sweat01、赤の範囲ほど広い・・・sweat02

不安が的中・・・以前に撮ってた画像を見て何だか広い予感がしたんですよね~coldsweats01sweat01
こうなると何を信用してよいやら・・・despair

取り敢えず、直尺で計測・・・
Q4
約10.5mm近くの動作範囲があります・・・

ここで排気バルブのボルトを解き・・・
Q5
バルブ自体は少しエンジンに差し込んだまま、直尺をケーシングの縁に適当に見易い数値の所を当てながらソレノイドを手で作動させ、ケーシングの動きの範囲を計り動作範囲を計測・・・
ソレノイドでは10.5mmの動作範囲ですが、ソレノイドを手で動かしてみましたがここでは何故か動作する範囲が8mm前後?の感じです。
ただ、場所柄計測しづらくバルブ自体も幾らか動くので何処まで正確に測られてるかは微妙です・・・coldsweats01
(後で思ったのは、ケーブルを接続したままケーシングからバルブ本体の突出量も測っとけば良かったと思いました。)

ここで狭く暗い作業エリアの中、執拗に何度も計測し、かなり時間が取られました・・・sweat01
何せ、この作動範囲はかなり重要な部分な様で・・・
Rave_elettronica12
黒→・・・排気バルブ
赤⇔・・・排気バルブの動き
黄←・・・排気ガスの流れ

ご覧の様な所に排気バルブがセットされており、突出量が多ければシリンダー内に突き出し、ピストンに干渉する??みたいな・・・sweat02
逆に作動範囲が少なければ排気バルブが綺麗に開かず、パワーのロスにつながる・・・様な・・・coldsweats01

これまで走って来て特に不具合は無いし・・・ソレノイドの調整範囲を7.5~8.5mmしても良いのですが、今回は今現在の状況を再現してケーブルを装着する事にしました。

それでは、ケーブルの取り外しです・・・
Q6_2
青←の割ピンを取り外します・・・場所が狭く、作業性が悪い為に思ったより時間を要しました・・・
割ピンを外した後は、黄○で囲った部分にあるナットと、赤→のナットを緩め、ロックを解くとケーブルを外せます・・・

取り外した割ピン・・・
Q7
下が取り外した割ピンで、上が取り換え用に用意した割ピン・・・
割ピンはアプリリアのパーツリストに記載されてないので純正パーツとして入手できないと思われます。ただ、割ピンはホームセンターでも販売されてる場合があるので入手は容易だと思います。
私が用意したサイズは・・・φ3.0mm×30mm

取り外した排気バルブのケーブル・・・
Q8
上が新品で、下が取り外したケーブルです。
新品のケーブルが手元に到着した時には、
『ケーブルってこんなに短かったけ~・・・』と思いましたが長さは意外や同じでしたね~

ケーブルの先端部を拡大・・・
Q991
上が新品のケーブル、下がささくれた部分を切り下した為に編み込みが取れて痩せ細ったケーブル・・・sweat02

それでは・・・新品のケーブルを差し込んでみます・・・
Q9
ケーブルの穴と、ソレノイドの穴を合わせ割ピンを通せば接続完了です。
実は、意外とケーブルが突っ張って取り回しがきつく、ロックナット部分の穴に入れるのに少し手を焼きましたが・・・coldsweats01

取り敢えず・・・ここで、ソレノイドの作業は置いといて・・・
排気バルブを掃除・・・
Q91
この度は、清掃の様子は省略・・・
Q92
画像の状態は、ケーブルに接続されてない状態ですが、ケーブルに接続した時にケーシングから出ている排気バルブの突出量を計れば良かったのですがこの度は測り忘れました。
ケーブルに接続した時に、この部分が余りに出ていたらシリンダー方向へ必要以上に出てる事になるのではないかと思いましたが、構造的にソレノイド側で動作範囲を調整しても、ソレノイドが作動していない時のこの部分の出の量はケーブル自体の長さは変わらないので関係なさそうですが、ケーシング内に装着されてるスプリングのテンションに影響されそうですし何とも言えません・・・
出来ればソレノイドを手で操作して、この部分の動きの量を計測しても良かった気がします。
次回に取り外した時には、ここでも動作範囲を計測してみます。

清掃後、組み付けた画像ですが2ストオイルを、”MOTUL-710”から”ELF-Moto2TECH”に交換して初めてのバルブ清掃ですが、ELFに換えたからと言ってバルブ本体の汚れがひどいという様子はなかったので一安心・・・
Q93
ケーシング内に2ストオイルを少し垂らし、バルブ本体へもオイルを少し塗りつけてエンジンへ装着・・・

ソレノイドの作動範囲を元通り、10.5mmに調整しロックナットを締結・・・
Q94
排気バルブ本体の作動範囲も取り外しの時と同じように何度も確認・・・
バルブ側では計測しにくのですがやはり8mm前後??になってる気がします。

作業が終了したソレノイドバルブ・・・down
Q95
赤↑ゴムキャップの下にはロックナットがありますが、ゴムキャップがずれて来る様なので、最初と同じ様に結束バンドで固定しました。

バルブ廻りの作業終了後の全容・・・
Q06_2
切れてた排気バルブのゴムキャップも新品に交換・・・


この後・・・バッテリー、ガソリンタンク等すべてを元通りに復帰し全作業の終了・・・

タンクを起こした状態でエンジン始動し、ソレノイドバルブの動きをチェック・・・
Q97
クーラントリザーブタンクの右隙間からソレノイドが作動する様子が辛うじて見る事が出来ます。

エンジンを掛け、アクセルを少し煽ってみましたが特に問題もなかった様なのでこの日の作業は終了です・・・

ただ、無事作業は終わったもののマニュアル?に書かれている7.5~8.5mmの調整範囲は事実そうなんでしょうか??
何か、詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら宜しければご教授下さいませ・・・



この日は結局、ソレノイドの調整範囲でかなり試行錯誤・・・どうしたものかで時間を取られ、開始から終了。後片付けまでの全作業が2時間20分掛かりました。
気が付いた、バッテリ液の補充は時間が無く後日に・・・
出来ればエアフィルターの交換と共に年末に予定しています。

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月22日 (火)

ウインター用グローブを購入・・・

ウィンター用にグローブを新調・・・scissors

RS タイチ・・・フレックスウインター用グローブ”RST602”down
G1
RSタイチのサイトでは既にドロップしてる様なので、今シーズンのニューモデルではなく去年2014~15年のモデルの様です。
G5
私の場合はニューモデルよりも、機能美と価格最優先です・・・coldsweats01

素材は表地には、クラリーノ、ポリウレタン、山羊革、ネオプレン、牛革・・・
内装には、ヒートジェネレーター、インサートはドライマスターと防水・透湿機能を兼ね、指先にはスマホタッチ・・・
G3
私の場合・・・バイクで高速道路を長時間ガンガン走るわけでなく(走れないし^^;)、今のところ近隣の朝駆けがメインなので機能性重視、動き易いショート丈のグローブです。


今まで使用してきたのは・・・
G2
厳冬期用とは言えないシンプソンの3シーズン?タイプの物・・・
これに、ゴールドウィンの光電子インナーググローブを併用して凌いでましたが、10℃以下になるとかなりきつですね~sweat01

今回の購入のグローブは・・・インナーがなくともかなり暖かいです。
G6
私は手が小さいのでく、ぴったりする方が操作感が良いので何時も”M”サイズを購入・・・
今回のグローブではインナー装着はかなりきついですが、馴染めばインナーも何とか使用出来のではないかと思います。
G7




これで今年の冬は気持ちよく朝駆け出来るのか~~~dash


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月20日 (日)

排気バルブケーブルの入荷と、昼駆け・・・・

今週末の金曜日・・・ショップさんから手配していた排気バルブのケーブルが入荷したとの事で受け取りにショップさんへ・・・
手配してほぼ1ヶ月・・・年内に手に出来た事は幸いでした。coldsweats01

ショップさんへ行った時には、目新しいバイクが無いか店内を回ってみますが・・・
この日はこれが目に付きました・・・eye
K1
右は、今では目新しくもない”R-25”ですが左は・・・”MT-25”sign01

現車を見るのは、私は初めてですね~、、、^^
K2
カラーは”ブラックメタリックX”?だそうです。
ブラックと言う色もあるのでしょうが、私がカウル付のバイクに慣れてるせいか隣にある”Rー25”と比べても意外とまとまって小じんまりして見えました。
やはり同じMTシリーズでも、MT09”の方がマッチョ?に見えますね・・・排気量を考えれば当然ですが・・・

ケーブルを手にしたものの・・・
バイクには、先日天候の悪さから朝駆け途中で引き返したせいで燃料がタンクに多く入ってる事もあり・・・sweat02
タンク取り外してのケーブル交換にはタンクが重く、起こしたりするにもやや難がある為に翌土曜日は休日でしたが交換は見送り・・・sweat01
そして、この日は早朝は天候もやや不安定で午前中に用事を済ませ、燃料を使用する為に天気が回復した午後から昼駆けに・・・dash

ま~ガソリンを消費するのが目的だし散歩ついでと言えば角島へ・・・
K3
山間を走ると、やはり午前中はこの辺り雨に見舞われたのか所々日陰はウェットな路面でしたね~
ただ・・・空の色は青く、雲も冬の?雲の様相です。
K4
早朝とは違う日差しが雲の切れ間からそそいでいい味わいです・・・
K6

先日は、PM2.5の心配もあったのですが、この日の冬は空は綺麗です。
K8

風も北寄りのやや強い風で橋の辺りは波気も・・・
K91

ここを離脱した後はここにも寄ってみました・・・
K92
空の色が綺麗な日は、ここからの眺めも見たくなります。
K93
この後、帰路へ・・・

帰宅後はケーブルをチェック・・・
K94
AP0297746 Elect.rave valve cable・・・¥4,180 (税込¥4,510)

受け取った時に何だか長さが短い気がして、”間違ってないかsign02”、とも思いましたが・・・・

受け取ったケーブルの全長は、370mm・・・
今付いてるケーブルの長さはバッテリーや、クーラントタンク等を取り外さなければ正確には判らないので何とも言えませんが、もともと付いているケーブルが大きく取り回していてラジエターに大当たりしているし、”長すぎないか?”とも思われるのでその後変更されたのかもしれません・・・
K95
検証は交換した時にでもアップします。


天候が二転三転し、今度は何時乗れるか判りません・・・
年末の休日は29日から・・・年内にあと何回朝駆け出来るのか・・・sweat01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月16日 (水)

次のタイヤはこれで決まり!???・・・

”アプリリア・RS125”に乗り初めて今年の10月で3年目に突入しましたが、この2年間でタイヤ交換は2度・・・scissors

交換サイクルは約1年、交換時期は3~4月で今年も4月に交換でした。

今のタイヤの状況では今回も来年の春先までは何とか持ちそうですが、早や次回のタイヤの検討を・・・

その前に・・・

これまでのタイヤの変遷を・・・

購入時は、OEMタイヤの”ダンロップ・α10”でした。

それから、2014年3月に・・
S94
ミシュラン ”パイロットパワー” 
  サイズ:フロント・・・110/70ZR17M/C(54W)
       リ   ヤ  ・・・150/60ZR17M/C(66W)
125ccのバイクに”Z”レンジのタイヤが必要なのかどうかはさて置き、発売されてかなり経過してもスポーツタイヤとしてはとっても標準的で指標となるタイヤと言う事で選択。
そして、サイズはこのバイクの標準サイズです。
Tt4
スポーツタイヤのカテゴリーでは、絶対的グリップは他に譲るもののライフとグリップ、取り回し、全てに秀逸なタイヤだそうです。
S93
数十年ぶりにリターンした私なんかには判断基準なんてありませんから、指標としては本当に良かったか事なのかもしれません。
問題があるとすれば・・・指標に出来る程のスキルを持ち合わせない私自身・・・coldsweats01
Tt5
今では、パイロットパワーはすでに製造されてない様子で、もう2度と履く事はないでしょう・・・
Tt6
ビバンダム君は消す事なんて全くもって無理でした・・・かすりもしませんでしたね~^^;
まともな調整機能も無い上にパンパン跳ねるアブソーバーでは、コ-ナ-で何時弾き飛ばされるか判らない・・・リスクの高い一般道では私にはとっては無理な話しですね~~sweat01
S92




そして1年経過した今年、2015年4月・・・履いたタイヤは・・・
S4
ブリヂストン・BATTLAX HYPERSPORT  S20EVO
サイズ:フロント・・・110/70R17M/C(54H)
      リ  ヤ ・・・150/60R17M/C(66H)

S5
メッツラーSPORTEC・M5ineract、M7RR 
ダンロップα13
ブリヂストンS20EVO
と考えた中から、”S20EVO”を選択・・・
S3
サイズはこのバイクの標準サイズです。
前回はZレンジでしたが、敢えてHレンジを選択・・・
S6
グリップはパイロットロードよりは安定感・安心感があり、コーナーに入る時もスッと入れる感じで、低速?ではより顕著にスッと倒れ入って行ける感じがします。
ただ、スピードが乗った時の切り返しはヒラリヒラリと言うほどではない気もしますが私には充分すぎる良いタイヤです。
(こんなインプレで良いのか?合ってるのかは??・・・^^;)
T3
このタイヤに交換後、今現在”6,000キロ”を走りましたが、あと3,000キロは何とか持ってくれるのではないかと思ってます。
S1



そんな、まだ暫くは持ちそうな、”S20EVO”ですが気になるタイヤが出て来ました・・・



それはこれ・・・downdowndown
S212_1
画像はブリヂストンの2輪用タイヤサイトから拝借・・・

何でも・・・2016年2月から販売開始らしいsign01

独創的なパタン・・・happy01
S219_1
以下、ブリヂストンサイトより文章拝借・・・
三次元形状の溝端部はトレッド剛性をアップさせ、また、ショルダー部はスリックライクな最小限の溝配置により、大きな接地面積を得るなど、コーナーグリップを向上させる技術を採用しています。
さらに、S21の大きな特徴として、切れ味鋭い【日本刀】をモチーフとしたトレッドデザイン、存在感を誇張する印象的なサイドデザインといった遊び心を取り入れたデザインなど、イマジネーション溢れる個性的なルックスとなっています


(何だか・・・エンジェルSTの様な浮き出たデザインが・・・格好良い!!)

更に、フロントタイヤのクラウン形状を見直し接地長の向上、車両を旋回させる力(キャンバースラスト)の増大、コーナーリング性能を向上させてるとあります。
S214_1

更に嬉しい事に・・・”S20EVO”対比でコーナーリング性能、摩耗ライフ約30%向上とも・・・sweat01


S215_1
全てZレンジですが、嬉しい事に”RS125”に合うサイズもちゃんと用意されてます。
(但し・・・リヤは150/60、160/60のみ3分割トレッド)

S21tiresize
ミシュランには、このバイクに合うこのカテゴリー?のタイヤは今は無く?・・・
選ぶとすれば・・・
ピレリ、メッツラー、ダンロップそしてブリヂストンからと言う事になりますが・・・

”S21EVO”
このタイヤが熱すぎます・・・ほぼこれで決定かな???

予約が受け付けられ次第、注文しちゃうかもsign02sweat01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月13日 (日)

朝駆け出来ず・・・定期購入のオイルと、LEDライト

12月12日の土曜日・・・この土日は年末を除いて今年最後の連休です・・・

そして、この日は朝駆けしようと早起きしたところ・・・
起きて天候を確認すると昨日の天気予報では晴れだったはずが・・・山陰は北浦方面はどうも雨雲cloudが掛かってる様子・・・coldsweats01sweat01
それに、この辺りも夜明け前に雨が降った様で・・・rain
路面を見ればかなり濡れています・・・sweat02

折角早起きしたのに朝駆けは取り止めに・・・sad


代わり夜明け前から市内は晴れていたので、気分転換に昼前にバイクでアストロツールへ・・・dash

色々と目を通しましたが・・・これを購入down
H8
以前から狙ってたLEDライトです。

これで使用しているLEDライトは・・・down
H9
左はバイクのメンテナンスにこれまで使用しているライトですが、少し大き目なのでこの度もう少しハンディなタイプを購入しました。
因みに・・・右端の小さいのはバイクに乗る時のウェストポーチへ他の備品と一緒に入れている100金の物・・・

この後、このまま帰るのも味気ないので市内をブラ~と廻って帰る事に・・・dash
H2
関門橋を廻ってこちらで休憩・・・

関門海峡から響灘に出た辺りの海を眺めます。eye
H3
右の島が六連島ですね

下の画像は手前の工場地帯が彦島です。downH4
更に向こうに見える煙が出ている煙突の辺りが北九州は戸畑の新日鐵の高炉です。

この日はこのまま帰宅・・・
H1

そして、家に帰ると荷物が届いてました・・・・
およそ、3ヶ月に1度は購入するオイル・・・

一つは・・・2ストロークバイクの必需品の2スト用エンジンオイル
そして、もう一つは・・3,000キロ前後走行した時に交換するギヤオイルです。

この度も、何時ものネットショップさんで購入です。
H5
ネットで購入するMOTUL製品が凄い勢いで高くなり、MOTUL-710は今では高嶺の花と化し、変わって今では比較的安価に手に入る”ELF-MOTO2・TECH”に・・・
ギヤオイルもMOTUL品は高価になりましたが、”MOTUL-TRANSOIL・Expert”これだけは何とか引き続き使用してます。
それでも、以前は1Lで”1,500円”でしたが今では・・・”2,500円”にsign03
これ以上高騰すると、次回からは代替品を考えてしまいますね・・・coldsweats01
それてと、もう一品・・・”D.I.D チェーンクリーナー”
これは、送料無料の金額調整用に購入です。

そんな中でこの度、梱包を開けて驚く事が・・eyesweat01
”MOTUL-TRANSOIL・Expert”のパッケージが今までと違うではありませんかsweat01
間違ったオイルを買っちゃったsweat01sweat01sweat01sign02

因みに・・・右が以前のパッケージで左が今回のパッケージdown
H6
書かれた横文字を隅々まで確認します・・・eyesweat01

書かれている裏書も・・・当然横文字sweat02
H7
各国ごとの説明文が並びます・・・
但し、日本語はありません・・・唯一ここに掛かれている日本語は、”この製品は日本国内においてクレーム対象となりません”と書かれているだけです。
でも、パッケージが変わっただけで製品は問題なく今まで使用していたオイルで間違いないようで一安心・・・


そして、翌日曜日・・・

天候は晴れの予定だったので朝駆けのつもりで気合を入れて?早起き・・・

天気予報で雨雲の動きを確認すると・・・山陰角島~長門~萩辺りはこの日も朝は雨雲が掛かってますcoldsweats01
市内はこの時点では降っておらず、折角起きたので我慢できずに行けるとこまで走ってみる事に・・・
H91

暗い内から出て気持ちよく走ってると・・・川棚の手前でヘルメットに雨粒が・・・・rain
更に路面も濡れて来てsweat02・・・・
天気予報通りに、これから先は午前中はず~と雨予報・・・
ドンピシャ当たりですねcoldsweats01sweat01

降ると判ってる雨雲の中を走るのもゴメンなので踵を返し・・・こちらへ抜けてきました・・・
H92
内日の貯水池・・・

こちらは辛うじて降ってませんが、実は内日の辺りまで行くとシールドに雨粒が・・・・依ってまたもやここまで引き返す事に・・・coldsweats01
H93

池の周りを早朝の景色を眺めながらぐる~~と一廻り・・・・dash
H94

ここで暫し休憩し・・・
H95

結局、この日もこの後、市街地をグル~と廻って帰路へ・・・
H96

この2日間、不完全燃焼で終了・・・


今度ゆっくり走れるのは・・・・何時の事かな~・・・・think



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月12日 (土)

排気バルブのケーブル・・・

先日は、9月23日にアップした排気バルブの清掃の時に発覚したデバイスを作動させるためのケーブルの傷み・・・

排気デバイス・・・down
H6

抜くとこんな感じ・・・down
H95

ケーシング本体からケーブルを外してみると・・・eye
M921
赤→の様に以前からささくれてました・・・

僅かな痛みですが作動する時に少し引っ掛かりそうなので、ささくれをニッパで切り取るとワイヤーはもともと編んでいるだけに、綺麗になるまで切り込んで処理すると・・・なるとかなり痩せ細った感じになりました・・・coldsweats01

そこでケーブルを手配する事に・・・

ケーブルはこんな感じにセットされています・・・down
Zxc_2
右の青←のソレノイドバルブから前方に伸びて赤→の様にラジエターの手前で大きく曲がって手前のエンジン全部排気口上部へ・・・
D93

パーツリストでは・・・down
76699893
No.9・・・AP0297746 Elect.rave valve cable
価格は・・・¥4,180 (税込¥4,510)

ショップさんでは国内在庫なし、海外オーダーと言う事で納期は・・・・
1ヶ月~1ヶ月半、だって・・・sweat02

頼んだのは11月22日の事・・・年内に入って来るのかsign02sweat01



因みに・・・ケーブル交換時に注意する点があるらしい・・・
H99211
バルブの動作範囲があり、ソレノイドバルブ側の黄色の範囲を7.5~8.5mmで調整する様です。
その為の調整用、ロック用のナットが赤↑と赤〇の隠れた?辺りにあるのかな?

そんなこんなで余裕が出来たので先日の記事にも触れたように、バルブの動作範囲を調整する為のゲージを製作・・・
Z8
7.5㎜、8.0㎜、8.5㎜で3種類・・・
場所的に狭そうなので手持ちの200㎜のノギスで計れるかどうか??
取り敢えず直尺とゲージで8.0㎜で調整してみるつもりです・・・

何にせよ・・・ケーブルの入荷待ちですが、じっくり触れる年末の休日に出来るのか・・・sweat01


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月 8日 (火)

サイレンサーのラバーマウントの交換とフックボルト装着・・・

サイレンサーを純正品から、”GIANNELLI製”に換装した事により、もともと装着されていたラバーマウントでは装着に負荷が掛かり?使用出来そうもなかったので代わりにゴムを切りだし当てていました

ゴムを当てたのは2月の事・・・
切り出したゴム・・・
G4

この間に装着・・・down
M9
小さいゴムを入れただけの、”なんちゃって・ラバーマウント”ですが気持ちだけでも違う気がします・・・sweat01

先日の朝駆けの後、バイクを手入れしていてふと目をやると・・・eye
T7
装着して10ヶ月・・・劣化してボロボロに・・・sweat02
T8
これはいかんsign02、と言う事で・・・交換です。


今回は少し厚めのゴムを打ち抜きポンチで切りだし・・・hairsalon
Z2
帰宅後、暗くなって装着・・・これで暫くは大丈夫でしょう~

ただ、材質的にもう少し硬いものでも良さそうですし、経年劣化しずらいものを検討する必要もありそうです。




ついでに・・・先日購入したフックボルトも装着してみる事に・・・

フックボルトを装着する所には、依然にM8のタップ穴を立てています
T2

仮組して違和感がなさそうなので中強度のネジロックを塗布して装着・・・
Z3
本来ならば・・・メンテナンスをする時にだけ装着しても良さそうなものですが、私の場合は装飾性の兼ね合いが高い!と言うかただそれだけなのでsweat01・・・外れない様にネジロックを軽く塗布しました。
中強度のネジロックであれば解くのにそれほど無理はありません・・・
Z6
この角度から見れば問題なさそうに見えます。
Z5
やや後ろから・・・
Z7
”RS”のスイングアームはやや丸みをがあり、フックボルトが装着出来る箇所も綺麗な座面にはなっていないので心配でしたが・・・
Z4
やや、お辞儀をしてる様にも見えますが・・・sweat01
今度、明るい所でじっくり検証してみます・・・coldsweats01



そして・・・今回はこんなゲージを作成・・・
Z8
7.5mm、8.0mm、8.5mm幅の各ゲージ・・・
排気デバイスに装着されてるケーブルが傷んでいるので今現在パーツを手配中・・・
デバイスを作動させる為のソレノイドにケーブルを接続するのですが、その際にソレノイドの動作範囲を調整しなければならず・・・
その調整範囲が7.5~8.5mmらしいので、ゲージでも確認しつつ調整出来るように制作してみました。(直尺でも良いでしょうが・・・^^;)
H9921
実際のところ・・・今はどうなのか??coldsweats01

詳細はまたケーブルを交換する時にでも・・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月 7日 (月)

メインジェット交換後、朝駆けへ・・・”RS125・タルマクシ”仕様

先週末の日曜日・・・天気も何とか持ちそうなので朝駆けに・・・dash

この日の下関市の日の出は、7時7分でした・・・

走り出す前にキャブレターのメインジェットを交換したかったのですが曇ってたせいもありcloud、なかなか明るくなりません・・・sweat02

致し方なく、やや暗い中・・・
懐中電灯を手にメインジェットを、”#130”から”#132”へ交換scissors
K12
ここ1週間でかなり気温も下がりdown、朝は10℃以下、日中でも13℃前後・・・sweat01

先日走っていて・・・エンジンは軽く吹けはするものの、8000~9000rpm~それ以降の伸びと言うかパンチ力が不足して感じられるのでメインジェットを一つ上げてみました。
ジェットニードルは上から2段目、エアスクリューは3回転戻しくらい?だと思います。

その後・・・、”MJ”も交換し、7時半に出発・・・この日はいつものコースへ・・・dash

途中、R262で先日お会いした”CRM”乗りの方と遭遇・・・happy01

この日はなんと・・・”RS125・タルマクシ”に乗って走られてました・・・sign03

この辺りのコースは初めての様で、私のペースを崩すといけないからとのお話で、”後で角島で落ち合いましょう!”という事になり、それぞれソロで思う通り走る事に・・・

お言葉に甘えていつものコースで目的地へ・・・

この日の角島大橋・・・
T1
数日前までは強い季節風で大時化だったと思いますが、この日は風裏で波穏やか・・・

しおかぜの里で一休み・・・
T2
缶コーヒーが2つ・・・sweat02
実は冷たいのを押してしまい、買い直し・・・sad

流石にこの時期、寒い飲み物は無理です・・・coldsweats01
素直に冷たい方は家まで持ち帰る事に・・・


パンとコーヒーを口に入れようとしたら、間髪入れず再会です・・・
T3
ここにRS125が複数台揃うのは先日のオフ会以来ですね。
2年近く同じバイクに遭遇する事は無かったのが、今年後半は2度も機会があるとは有難い事です。

”アプリリアRS125”タルマクシ” 2008年製
T4
”ガボール・タルマクシ” 2007年、125ccクラスチャンピオン 
ハンガリー出身、ヨーロッパ中東諸国出身者で初の世界チャンピオンになりました。
それを記念してのレプリカと言う事で良いのかな~?
T5
今は燃調を調整中と言う事で、触り易いようにアンダーカウルを取り除いているそうです。
フルカウルのタルマクシは更に格好良さそうです。
”ARROW”製のチャンバーは、デイトナから出ているチタンカラーの耐熱塗料でコーティング。

サイレンサーは”チタン”仕様です。
T6
私もチャンバー換装時は、アローのチタンにしようかジェネリのケブラーにしようか迷ったんですが、チタン管は綺麗で格好いいですね!

因みに・・・↓は私の”ジェネリ”
J3

こちらの”タルマクシ”は、ユーロ向け2008年製の並行輸入品で、キャブレターは”VHST28”のユーロ3のモデルだそうです。

この後、試走させて頂きました~
ユーロ3は、”24PS”仕様になるとの事ですが走り出してみるとパワーの感じに於いては私のユーロ2のRSと極端な違いは感じませんでした。
ただ、高回転域で若干のパワー感と伸びはユーロ2の方がある様な気もしますが、ユーロ3も気が付いてみればスピードが意外に乗っているのはちょっとビックリ・・・
ひょっとしたら前のオーナーがスプロケットを落として加速寄りにしているのでは?と言うお話も・・・
そう言われてみれば出だしから加速感がスムーズでスピードの乗りが安定?して感じました。
その後、自分のバイクに乗った時は低速・低回転の加速感は比較し少し抜けてる感じで、その上のギヤ、回転域を維持しての伸びや使い易さは自分のRSの方がややある感じでした。

ただ、アクセルのレスポンスについては、私のバイクがアクセルの遊びはほぼ無いようにしているせいもあるかもしれませんが、ユーロ3はキャブの仕様のせいなのか?それともケーブルや遊びの調整次第なのか判りませんが、ユーロ2の方が良い気がしました。
因みに・・・エアーフィルターはパイパークロスに換装されているそうです。

もっともこの部分については個々のバイクの調子と言うものもかなりあるかもしれませんし、詳しい事はもっと乗り込んでみないと私にはどうも判らない様です。coldsweats01

しかし、同じRSでも乗ってみると違うバイクの様な感じで、ユーロ2とユーロ3と言う違いはあるのでしょうが、個々の手の入れ方次第でこれだけ違って感じるのも面白いな~と思いました。


その後・・・暫くお話ししておりましたが、マスツーリングのバイクが多数入ってきた事もあり、賑やかになる前にお別れして帰路へ・・・coldsweats01

この日も11時前には無事帰還・・・dash

因みに・・・メインジェットを交換した恩恵は・・・
かなり効果ありましたsign03
高回転域のモリモリ感が増大sign01、低速からのトルク感も若干上がり、それが高回転域ではもう少し顕著です。
サイレンサーからのオイルの垂れも大きく変わらず安心・・・(もう少し様子みます)
やっぱりメインジェットは”#132”位まで上げた方が良いのでは?って気もしてきます。
やはり・・・年間通して色々と比べて見なければ判らないもんですね~~
いい勉強になりました。・・・・happy01


その後はバイクの手入れ・・・です。
T7
少しですが・・・気になる部分も出ていてそれはまた次回に・・・




↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年12月 6日 (日)

”アプリリア・RS125”、のウォーターポンプの、”Oリング”・・・・

”RS125”のウォーターポンプは・・・

O01_3
右からインペラ~オイルシールが入ったケーシング~左にギアケース内のピニオンギヤ・・・となってます。

そして、ケーシングの外周に、”O-リング”が2本(赤↓)セットされてクーラントが流れるシリンダーのジャケットと、オイルが潤滑するギヤケースとを隔ててます。




以前にケーシング内のオイルシールについては、純正品でなく国内で入手する事の出来るオイルシールを取り上げてみましたが今回はこの”O-リング”・・・
O2
国内材庫がある場合は入手するのに1週間も掛からないのですが、無い場合は本国イタリア発注?・・・sweat02
通常であれば2週間くらいで手元に届くのですが、今回は発注して1ヶ月以上掛かりました・・・coldsweats01

そしてその価格・・・¥970×2個
サイズは・・・26.7mm×1.8mm

何とも中途半端なサイズです・・・sweat02

なんとか国内で入手できないかと探したところ・・・これがヒットeye
O1

航空機用”O-リング・AS568規格”
O4
サイズは・・・1.78㎜±0.07×26.7㎜±0.25(線形×内径)

航空機用”O-リング・AS568規格”とは・・・、
米国自動車技術者協会によって航空宇宙規格として定められた”AS568規格”は、特に多くの種類を抱えた”O-リング”のサイズシリーズで多種多様な機器に於いて運動用・固定用として世界的に使用されている・・・とあります。(桜シールから引用)

これなら国内で簡単に入手可能です。
上記画像の左・・・ASM568 ¥38
           NBR(ニトリルゴム)   
           使用温度 -24~100℃(MAX120℃)

上記画像の右・・・ASM568-D ¥149
           FKM(フッ素ゴム)
           使用温度 -15~200℃(MAX220℃)

*RSのウォーターポンプには2個使用

高温部にはフッ素ゴムが安心ですが、低温域に対してはNBRの方が有効です。
硬さについては双方とも、70±5(デュロメーターA)で変わりません。

今回は純正部品も購入しましたが、これからはこれでも良さそうな気がします。
ただ、実際にケーシングに使用し確認した訳ではないので使用に当たっては自己責任でお願いします。


今回は他にも予備品として・・・・
O5
オイルシール・・・TC12227 12×22×7(内径×外径×厚み)NOK製
チェンジペダル用のオイルシールで純正品は2000円オーバーですが、これなら¥309で入手出来ます。
SKFのラジアルシャフトシールでは・・・HMSA10R 169円
とこれもリーズナブル。


そして、これはフックボルト・・・
O6
送料無料の価格調整で購入・・・他にも”スナップリングプライヤー”なんかも購入しましたが手元に届いてません・・・




今回の記事に関する、過去記事↓↓↓
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-aa8e.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-d40f.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/rs125-ded3.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-8ad3.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/rs125-ded3.html
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-73cf.html
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-8de4.html


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »