フォト

前の記事はこちら・・・

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

MUSIC

無料ブログはココログ

« 朝駆け・・・高杉晋作が眠る地 | トップページ | 調子がいいのは15℃以下?・・・ »

2015年11月 7日 (土)

ウォーターポンプのOH用に準備したパーツと下準備・・・

ウォーターポンンプからのクーラント漏れが発生して3週間経過しました・・・sweat02

因みに・・・恐る恐るですがその後、朝駆けや通勤で約500キロ走行しました。
クーラント漏れは少しづつ漏れる量が多くなって来てる気がします、それでもリザーブタンクの水位に大きな差はない程度ですが・・・


漏れが確認できたところで直ぐに、OH(オーバーホール)用のパーツを手配しましたが、やっと揃って来たので用意したパーツの紹介とその下準備をアップします・・・
Table_41rs125
パーツは、価格の安いカート品で揃えられるものはカートショップさん、純正品でないと対応できない物はバイクを購入したショップさんと・・・2店舗に分けてお願いしました。


カートショップさんで手配したパーツ・・・down
N1
右・・・No.アイドルギヤ28/13T
   パ-ツNo.634035(¥2,083)
左・・・No.7 ウォーターポンプピニオン16T 
   パーツNo.234415(¥2,093) 

上の2点のパーツはウォーターポンプやオイルポンプを動かす為のギヤになります。クーラント漏れであれば、オイルシールやOリング等のシール類を交換すれば対応出来ると思いますが、ご覧の通り樹脂製であることから耐久性にやや不安な所があります。

左端に見える茶色のギヤがアイドルギヤで、その左下にやや隠れて見えるのがピニオンギヤです。down
99205a1a1c2c95213ae90679dda500b6
因みに、バランサーギヤは金属製に交換しています

前回、走行距離14,000キロでOHした時は、このパーツに関しては特に問題は無かったのですが、RSに乗っておられる方の中には10,000キロ持たずに刃先が欠けたりされた方も多く、前回OHからまだ7,000キロ走行したところですが新しいものと交換する事にして、今装着されているパーツに問題なければ予備品に廻す事にします。

カートショップさんからは、もう2点・・・down
N2
右・・・・No.5 トラストワッシャー(10,1×17×1)
   パーツNo.827590(¥164)
左・・・No.2 オイルシール(10×26×7)
   パーツNo.230195(¥648×2)

以上はカートショップさんから購入しましたが、アプリリア純正品と共通部品の様で使用に関して問題ないようです。

✼因みに・・・去年のウォーターポンプのOHの際には、シャフトにインペラが組み込まれたAssyとしてカートショップさんから購入しましたが、実はウォーターポンプケーシングに組み込む際にシャフトの長さがアプリリアからの純正パーツと違う事が発覚・・・sweat01
よって、今回はこの2点は純正パーツを使用する事になり、バイクショップさんに注文・手配する事となりました。


そして、バイクショップさんに手配頂いたパーツです・・・down
W1
クラッチカバー用ガスケット・・・AP0250206(¥1,945)
No.3  ウォーターポンプシャフト・・・No.AP0237914(¥4,300)
No.6 インペラ・・・AP0222195(¥1,650)
No.8 Oリング・・・AP0430060(¥970)

実は、まだOリングが入荷してません・・・sweat02

円安の為か、去年購入した時より10%弱値上がりしていますね~coldsweats01

ステンレス・スプリングロールピン 4×16mmdown
N3
これは、”モノタロウ”で購入、20本入りで¥323です。



それでは、下準備としてシャフトにインペラを組み込みます・・・
下はシャフトとインペラ・・・down
W2
左側の2本のシャフトですが、上がアプリリアから入手する純正のシャフトで、下がカートで使用されている”ROTAX”から支給されるシャフトです。
ご覧の通り・・・長さが違い純正シャフトの方が長い事が判ります。

このシャフトに、インペラをセットします・・・
W3
実はこのシャフト・・・一見するとeye、左右同じに見えますが実は違うみたいですsweat01

下の様に、左右にピニオンギヤとインペラをセットする為の4mmロールピンを通す穴が開いてますが位置に微妙な違いが・・・sweat01
W31
ピニオンとインペラ、それぞれのシャフトに差し込まれる深さをノギスで測定すると、インペラの方が浅く、ピニオンの方がやや深い・・・
よって、赤い方のやや長い方にピニオン、青い右の方にインペラとなる様です。
多分、インペラを赤い方に挿すと穴位置がずれていてロールピンが入りずらくsweat02、ピニオンを青い方に挿すとアイドルギヤに若干干渉する事になるかもしれません。

但し・・・私は、車体に組み込まれているポンプ本体で確認したわけでは無いので間違ってたらごめんなさい・・・m(_ _)m
出来れば取り外した時に実物で計測して確認した方が間違いなく確実だと思われます。coldsweats01

ともあれ・・・青い方にインペラをセットしてみます・・・
W4
セットする為に治具を製作してみました・・・

治具は以前ネットで紹介されてた形状の物を、そのまま利用させて頂きました。
多分、こちらのブログにお越し頂いているあの方だと思うのですが・・・そうですよね~coldsweats01

MCナイロンにインペラの羽が入るスリットを入れ、治具の角をインペラの角度にカット・・・
W5
これでインペラの羽に負担が掛からぬようにセットできます。(画像は古いインペラ)
尚且つ、ロールピンが通る部分に穴を開けてます・・・

新品のインペラで治具を使用しロールピンを打ち込みます。
W6
打ち込むのに結構な力が必要です、インペラの羽を痛めないように要注意ですsweat01

無事セットする事が出来ました。
W8


11左上も同じ様にロールピンを打ち込む為の治具ですが、こ
ちらはケーシングにセットした後に使用出来るように端の方にも5mmの穴を設けピンを打ち込めるようにしています。

ピニオンギヤ側はケーシングにシャフトをセットしないと打ち込めません。


他にも以前にオイルシールを打ち込む為の治具も制作しています。
T5

T6


今回、カートショップさんのオイルシールが届いたので各オイルシールの比較を・・・
密封対象側から見ると・・・down
N4
左から・・・
SKF ”ラジアルシャフトシール”(HMS5 10×26×7㎜)
純正品 :”FP”(G 10×26×7㎜)
カート品 :”FP”(G 10×26×7㎜)
✼純正FP品は新品ではありません、以前使用してたものです。それ以外の2種は新品です。

反対側・・・down
N6

ハウジングと接する側面から見ると・・eye
N7
カート品の側面が硬そうに見えるのは気のせいかな?


そして、今回は・・・モリコート111を使用します。down
N8
ご好意により、お裾分けして頂きました~その節はありがとうございますhappy01






更に・・・耳寄りな情報sign02
RSに使用されるピストンですが、リプレイス品に
イタリア製:Vertex(鋳造ピストン)
がありますが、輸入バイクパーツ通販の”SPIRALSPINNER”さんに問い合わせしたところ取り寄せが出来るとの事でした。
ショップさんの商品紹介ページ
http://www.spiralspinner.jp/products/detail.php?product_id=18696
http://www.spiralspinner.jp/products/detail.php?product_id=18695

2種類の商品が出てますが、”22003X”が2ピストンリングの標準品で、”22261”が1ピストンリングのレース品?だと思われます。
但し、輸入されるのに時間が掛かり納期に1ヶ月弱から1ヶ月半掛かります。
サイズが判っていて先行手配されるのであれば、PJさん等の海外通販に比較し送料・税金等の経費が掛からず、かなリーズナブルに入手できるのではないかと思います。私はチャンバー等はこちらで購入しましたが大変安価に入手できました。参考までに・・・







今回の記事に関する、過去記事↓↓↓
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-d40f.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/rs125-ded3.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-8ad3.html
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/rs125-ded3.html
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-73cf.html
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-8de4.html


《参考資料》
RSメンテナンスマニュアル関連
http://www.carlsalter.com/pdfs/Aprilia_RS125%20Repair_manual_2006.pdf
http://apriliaforum.xrea.jp/manual/122,125%20Rotax%20Manual_Reparatie_1996.pdf
http://www.rs125.it/public/wiki/index.php?title=Categoria:Manuali_meccanica


アプリリアRSパーツ図面
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8vu0v16o3i5j
http://www.apriliagenuineparts.co.uk/catalogue-rs-125-2006-2010-62.php


RSパーツが入手できる海外ネット通販
http://www.pjme.co.uk/acatalog/Aprilia_RS1252.html
http://www.af1racing.com/store/Scripts/prodList.asp?idCategory=1508


ROTAX・MAXカートエンジンパーツ
http://www.next-one.org/index_lineup_top.htm





↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« 朝駆け・・・高杉晋作が眠る地 | トップページ | 調子がいいのは15℃以下?・・・ »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

 部品届いてよかったですね。あともうちょっとですね。
 部品代、結構高いのですね。部品を見るとそんなに高そうにみえないのですが...。
 ネットを利用して安く上げないと、お小遣いが....。(モリコート111高すぎ!多いし。)

 先日メインジェットの件、コメントありがとうございました。通販で172、175、178を注文しました(税込み1個216円 標準VHST 170)。
 ネットでEURO3の規制解除でCDI穴あけ、チャンバー、スロットルバルブ等の交換でメインジェットが185とあったのですが、チャンバーとジェッティングだけで調整していこうと思います。フランジ、長いのか短いのか悩んでいます。ゾフィさんは長いのでしたかね。
 CDIで抑制しているのは、中間の谷だけですかね。

 今日も少し乗ろうと思っているのですが、九州北部は曇っています。
 では、また。

☆ねこさん、部品揃って来たんですがあと1点Oリングがまだなんです・・・^^;
これまではもう少し早く入荷してたんですが、今回は特に長いですね~

部品は高い?と思います・・・カートからの流用品はそれでもかなり安価で、純正部品は本当に高価です。小遣いはRSで全て消えてますよ・・・^^;
他の海外メーカーさんがどのくらい高いのかは知りませんが、皆んなそうなんでしょうね~^^;

チャンバー装着はショップさんにお願いしましたが長い方を使用し短いスプリングで装着したと聞いてます。それでスプリングのテンションと全体の位置関係がしっくりすると言われてました。
CDIで制御しているのは中間の谷だけかどうかは正直私もよく判りません・・・^^;
燃調は濃い所から試した方が良いそうなので、MJを購入したのであれば#178から徐々に落として行っても良いかもしれません・・・
デロルトPHBH28はMJの交換が簡単ですがVHSTが面倒であれば#170で試して薄いと感じた時には直ぐに交換した方が良いかもですね。
PHBH28で感じたのは、128から130にしたところで大きな変化はありませんがやはり濃いめの方が安心感が違います。#132にした時はサイレンサーからのオイル垂れが気になりましたが、これ以上に番定を上げている方もおられますし、サイレンサーの形状からオイルの垂れも違うようなので何とも言えません、日々走って自分に合った所を探すしかないかもですね・・・^^
ユーロ2とユーロ3では排気バルブの仕様が違うのですよね?、ユーロ2では高回転域で排気バルブが開くので中間の谷の解除だけでなく高回転域の調整もしているのではないかと思いますがどうなんでしょう?
ユーロ3の排気バルブってどうの様な動きなんでしょうかね~興味あります^^

あ-、あの某所に画像を貼り付けた木製治具は確かに私でした。
木工で出た切れっ端をノコギリとカンナでやっつけた急造品です。
材がやわらかかったので、二度三度と使用するうち崩壊してしまいましたよw

ウォーターポンプシール、いつになるか分かりませんが、次回O/H時は紹介してくださったSKF品を使ってみようかなと思ってます。こういったレポートは実に有用で助かります。

また、その節は本当にご馳走様でした。下関の味覚、こころゆくまで堪能させていただきました。

 こんばんは、ゾフィさん。
 アドバイスありがとうございます。

 http://www.apriliagenuineparts.co.uk/navigation-aprilia-parts-rs-24.php
 エキゾーストバルブは同じ様です。キャブは国によってスロットルバルブが違ったりしています。
 またeuro3ではバルブセンサーがついています。
 
 あんまりイジクり倒さず、排気系から交換してバランスを見ようかと思います。
 私のRSは某男爵で購入し、6ヶ月保障があり(どこまで保障するのか?)あんまりイジリ倒すと、故障したときはどうなるのかと思います。
 慌てるとロクな事が無いので、ボチボチやっていこーかなと思います。

 ではまた。

☆ハンサムラミーさん、やはりそうですよね~^^
某所では文面の前後でそうだったんではないかと思いましたが、コメント欄ならともかくブログの記事内ではハンドル名であっても何か迷惑でもあってはいけないので出来るだけ乗せない様にと思っています。ご理解いただければ有難いです。
インペラを眺めた時・・・これにピンを打ち込むのは容易ではないな~^^;、と思った矢先にあの時の画像が思い浮かび製作してみました。
お蔭で無事打ち込む事ができました。^^
でも、カート部品の流用もハンサムラミーさんに教えて頂いたようなもので感謝しきれません。
下関の味覚の一部、地産もので恐縮ですがお口にあって何よりでした。^^

☆ねこさん、排気バルブは同じ仕様なんですね!
でも、バルブセンサー?ってのが付いてるんですか、どの様な作動をするのか興味が湧きます。^^
キャブレターのスロットルバルブが国により違うというのも重い白いですね、いろいろとあるんですね~^^;
私も地元の男爵さんですが、2年前の購入時は1年保証でした。
その期間で保証してもらったのは、購入時に右側サイドカウリングの車体への接続部が一部外れていたので新品に交換・・・部品の到着に1か月以上掛かりました。
購入して1ヶ月も経たずにキャブレターからのガソリン漏れがあり、フロートに穴が開いていて交換。
その際にエアーフィルターがかなり汚れていたので交換・・・
以上が購入して3ヶ月の間の出来事で事の顛末は記事にしています。
私が購入したお店は言えばちゃんと対応して頂きましたよ~
それにその後はトラブルらしいトラブルはありませんでした。

ただ・・・購入時の受け渡し前の点検に???な感じで、ギヤオイル交換、ブレーキ廻りのOH、キャブレターのOH、等々細かくされてる事は無く、店舗内のシャダイに乗せて問題なければO.Kで引き渡しみたいで、自分で気が付いた所はどんどん言った方が良いと思いますよ。
たいていの事はしてくれますが、私の購入した店舗ではRS125は販売実績が無い様で、メンテナンスの事にしても即答が無かったので自分で調べ出来る事はしてきました。
でも、やってくれって言えば社内のマニュアルの通りの事は対応してくれそうです。

2013年11月10日の記事を参考にして下さい↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b975.html

組み替えは無事終わりましたか?

微妙に違う長さと深さの違いによく気がつかれました。
さすがにゾフィさんです。
注意力と根気がないと組み替えはできませんね~。

ウォーターポンプシャフトが4300円ですか〜⁈
高いですね〜(≧∇≦)
分解時にシャフトとオイルシール同時交換と考えてたのですが、クラッチ側の各ギア交換と合わせ結構な費用かかりそうですね(^^;;

☆ななくさん、インペラだけですが無事組み込めました~^^
いや、自分が気が付いたんじゃないですよ~、何かで位置が違うようなことを書かれてたのを思い出しました。
それで実測してみたんですが、やっぱり細かい所には目を向けるべきですし、知らずに迂闊に手を付けるべきではないですね~^^;
多分、こんな微妙な所で不具合が起こる事も多々あるのではないかと・・・^^;
やっぱり、しっかりしたマニュアルがあれば良いですね~^^

☆azuyuzuさん、シャフト高価ですよね~、私も驚きました・・・^^;
ただ、よく見ると熱処理して研磨してある様なので確かに手は掛かってるようです。
ロールピンの穴もしっかり効く交差内で加工されてるようですし、硬質クロムメッキしてるかは様く判りませんが、悪いものでは決してない気がしますよ~
オイルシールはショップさんでは見積価格が出て来ませんでしたが、PJのサイトで見ても純正品は1個で2000円以上?しそうですし、2個で5000円弱!!する気がします。
オイルシールに関してはカート品かSKFで対応しないとやれませんよきっと・・・もっとも純正オイルシールがとてもよく倍以上の寿命が確実に保証されるのであればいいのでしょうが見た感じではそこまでの物とは思えません・・・^^;
クラッチ側の各ギヤまで替えると結構な金額になりますね・・・
今回の部品交換でどの部分が一番傷んでるか検証が必要だと思ってます。もっともそんな簡単なもんではなく、数多くの物証が必要でしょうけど・・・^^;

ソフィさんこんにちは。

インペラシャフトの状態が気になります。
このシャフトはワンオフで作ってもらったらもっとお金がかかると思われるので純正を買った方が良いのでしょうね。

Euro3(24ps)
エアBOXに吸気温センサ、キャブにスロットルポジションセンサ、RAVEはEro2と同じ、チャンバーのエアインジェクションがソレノイドバルブ制御(RAVEコントローラーとCDIが一体型のECU)

Euro3(15ps)
Euro3(24ps)にRAVEが全閉で固定されている。
ヨーロッパの免許制度で4輪免許保持者が運転できる原付(もしくは原付免許)が125ccの15ps(11KW)までとなっているために存在するモデル。

というような感じだったと思います。

☆ 猫R@関西さん、こんにちは!
インペラシャフトを作ってもらうと同じ様な価格ではちょっと難しいでしょうね~^^;
金属加工、熱処理、研磨等々行程が多いいので真面目に作るとそれなりに掛かると思います。
ユーロ3・・・意外と込み入った物が着いてるんですね・・・
ユーロ圏内も年々規制が厳しくなり、あの手この手と工夫した結果なんでしょうか??^^;
でも・・・2ストで15psは泣けますね・・・・^^;
とはいっても、私が若かりし頃の小型2ストオフロード車ハスラーもこんな馬力だったかな~・・・
RSが異常なだけか!!^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/62408310

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターポンプのOH用に準備したパーツと下準備・・・:

« 朝駆け・・・高杉晋作が眠る地 | トップページ | 調子がいいのは15℃以下?・・・ »