フォト

前の記事はこちら・・・

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

MUSIC

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

Aprilia ” RS125”  購入後2年経過・・・走行距離20,000キロ越え

バイクにリターンし、Aprilia ” RS125”を購入したのは2年前の事・・・
(リターン!ってわりには、原付ですけど・・・sweat01

2013年10月4日に納車され、その時購入時の走行距離は1,800キロ・・・

丸2年経過し今現在の走行距離は・・・
N1_2
20,000キロを超えました~~coldsweats01

N2
たまに通勤で使用しますが、朝駆けメインで2年間で18,200キロ走行した事になります。(それも飽きずにほぼ同じコースで・・・sweat02

N3

そろそろコースも変えたいところですが、早朝しか時間が無い中で駆けるのでなかなかエリアが拡大しません・・・

出来れば一日中駆けれる時間も欲しい所ですが、乗車姿勢が厳しい上に小型車ゆえ余裕のない足回りと車体、2ストロークエンジン特有のトルクの無さそれに伴う頻度の高いシフトチェンジとアクセルワーク・・・結果、200キロを超えると老体?が悲鳴を上げてきます・・・sweat01

3年目は少しでも肉体改造?し、時間が取れればもう少遠くへ・・・違う世界を見に行ければ思います・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

☆TANAX・カウリングミラー換装用の取り付けベースは、ご希望がなかった様なので記事を削除しました。
ご希望があれば、製作時間の都合が付く様ならベースの製作を考えたいと思います。

2015年9月27日 (日)

工具の購入・・・衝動買い?

”工具の購入”・・・と言ってもそんな大袈裟なものではありません・・・sweat01

トイレの換気扇を取り外して掃除をする時に、カバーを外す為に使用した+のドライバーの先が傷んで来て、しっくりこないので購入に至りました・・・

そして、市内にある”アストロプロダクツ”へ・・・・dash

そして・・・ドライバーだけの筈が・・・つい、他の物も衝動買い・・・coldsweats01

P3

購入したドライバーは、こちら・・・down
P96
ラバータイプのグリップの物にしようかと思いましたが、貫通タイプのドライバーが自宅にないのでこちらを選択・・・
欲を言えば+部分や長さのサイズ違いも欲しい所ですが・・・それはまた今度・・・

でも、店内を見渡せばeye・・・これで終わる事も無く・・・sweat02


衝動買いsweat01その1・・・ネジザウルス
P4
以前から欲しかったネジザウルスが特売されてたので購入・・・
これで頭部が傷んだビスも外せるはずです・・・・scissors

そんな機会はめったにあるもんでは無いでしょうが、粗悪なビスは直ぐにドライバーの差込み部が舐めます・・・備えあれば何とかと嫁を説得します・・・coldsweats01


衝動買いsweat01その2・・・エアーゲージ
P5
新製品?とありましたが、コンパクトな割には表示がはっきりしていたのが気に入りました。それに安価なのが一番でしたが・・・

家に帰って使用してみましたが、思ってたより高めの計測値が出たので、機会があればショップさんにでも持ち込んで校正してもらった方が良いのかもしれません。


衝動買いsweat01その3・・・ホースクリップ
P6
ガソリンタンクを外す度に、そのうちバネが伸びそうに思えてたのですが、店内で目に留まり安価だったのでつい購入・・・sweat02


衝動買いsweat01その4・・・注ぎ口?
P94
ギヤオイルを入れる時に、注ぎ口が角度が付いていて何時も入れるのに苦労するので購入・・・
これでギヤオイル交換が楽しくなれるかも・・・coldsweats01


ふと懐を眺めると・・・月末でもあるし寂しかったので少額にも係わらずカード決済で・・・coldsweats01





そして・・・極めつけの衝動買い・・・coldsweats01sweat01
P2
これは楽天市場で購入・・・


Wdc_red_detail嫁が数ヶ月前から欲しがってまして・・・coldsweats01
余りに粘るので、”それ程欲しいのかsign01”と購入・・・sweat01

何時も、『バイクばかりに金掛けてsign01』と言われるので
これで少しは治まるかと・・・coldsweats01



密かに・・・wink

私もこれで鍛えて・・・
RSに長時間乗っても応えない強靭な体を作りますsign02

ついでにダイエット出来れば尚いいのですが・・・sweat01

はてさて、私たち夫婦・・・どうなる事やら・・・sweat01





でも・・・体は鍛えますが、これは止められません・・・
P1
友人にもらった泡盛・・・目出度い金粉入りsign03

もうかなり目減りしましたが美味しく頂いておりますsign03





↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月25日 (金)

自転車の整備・・・”内装3段変速機”と”チェーン”の調整

今回はバイクでなく自転車の整備です・・・coldsweats01

長男が通学に使用している自転車は、高校入学時にHONDA”X4”に乗っている義兄に譲り受けた自転車です。

長男はこれで毎日往復10数キロを通学しているわけですが、先日の事、私がちょっと乗ってみると・・・変速機が3段あるにもかかわらず2段しか変速しません・・・sweat02
その上に、チェーンも伸び伸び・・・coldsweats01

教え込んでない親が悪いのでしょうが、うちの子も含め最近の子はメカ的なものをあまりいじり倒す事が無い様で・・・致し方なく、つい私が手を出す事に・・・coldsweats01

因みに・・・私は自転車の事は詳しくはありません、自転車の変速機と言えば外装の5段や6段、更には12段とかいろいろ目にしましたが、その中で5段変速機は以前見よう見まねで調整した事がありました。
昨今・・・内装3段変速機って言うのが意外に広まって?いる様で、今回初めて内装変速機の調整をしてみました。


触るのはこの辺り・・・eye
G2_2

ご覧の通り、外装変速機の様に重なったギヤがありません・・・sweat01
G3

このカバーの上にあるビスをドライバーで外します・・・
G4

外すとこんな感じに・・・eye
G001
先に、ゆるゆるのチェーンを張って行きます・・・
黄色→のナットを緩めます・・・
G93

車輪の反対側にある同じタイプのナットを緩めます・・・down
G94
これで後輪の車軸がフレーム本体から解かれます・・・

そして車軸の後ろ側にあるこのボルトを締め込んで行けば、後輪が後退しチェーンが張られます。
G95

このボルトは左右にあるので均等に少しづつ同じ量を締め込みます。
G96
でも・・・なんて触りにくいボルトでしょう・・・スパナが入りませんsweat02
「設計ミスじゃねぇ~の」って言いたくなります・・・sweat01

車輪を廻しても歪みが無いように左右のボルトで調整します。
チェーンは余り張り過ぎない様に・・・今回は10~20mmの遊びを持たせました。
最後に緩めたナットを締めて車輪をフレームに固定します。

ある意味、要領はバイクと同じです。
ただ、バイクほどシビアに感じなくて良いのが救いです・・・


次に内装3段変速機の調整です・・・

調整するには、必ずギヤを2段にします。
G01

そして、先程のカバーを外した部分の今度は赤と青の矢印を触ります・・・
G5

最初に・・・赤↑のロックナットを緩めます・・・
G6

青↑の調整ナットを廻して調整します。
G7
調整する目安は・・・

赤→に刻印線が見えます。
G8_3
この刻印線を調整ナットを廻して、黄色い線のハブシャフトのツラの位置に来るように調整します。

調整ナットを廻すと青←の部分が動き・・・down
G9_2
刻印線を上記の様な位置に持ってきます。
その際には最初に触れたように、必ず2段にする事が絶対条件です。

合わせ終わったら・・・
G92
ロックナットを必ず締めて・・・

再度確認を・・・車輪を回してギヤを変えます・・・

1段にした場合
G33

2段の位置
G9

3段の位置・・・
G91

最後に最初に外したカバーを付けて作業完了・・・・



この後、試走したところ・・・ギヤも綺麗に3段に変わり、チェーンのガタも無く良好でした。

最後にサービスにタイヤの空気を入れて全作業の終了・・・scissors



さ~~、これで頑張って通学sign02  学べるだろ~~~catface

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月24日 (木)

排気バルブを掃除したので朝駆け・・・、2ストオイルも購入!

排気バルブを掃除した次の日、9月22日・・・試走ついでに朝駆けに・・・dash

シルバーウィークの休日で走れるのはこの日だけ・・・それも朝の9時過ぎには帰らなければならないので定番の角島へ・・・

ただ・・・連休では混雑が予想されるのでsweat01、6時には家を出ました・・・dash

S2

いつもの広域農道では、まだ朝靄が漂ってます・・・

S3
他の車やバイクとも遭遇する事なく、こんな雰囲気の中を走るのは気持ちが良いもんですsign03
S4

7時には到着・・・
S5
でも・・・長期連休なせいかこの時間でもこの撮影スポットは満員御礼・・・・sweat01
少し離れて撮影した画像です。

”しおかぜの里”の駐車場では、車中泊の方も多くトイレで洗顔している方も多く・・・

私は、缶コーヒーだけを買って直ぐにいつもの場所へ・・・
S6
しばらくここで休憩です・・・

S7
パノラマモードで撮影してみました・・・

この後は帰るだけなのですが、時間がまだあったので少し灯台下廻りを散策・・・
S8
この日は天気も良く、空も青く綺麗だったので遠くから観光に来てた方は喜ばれたでしょうね~

S9

”ハマユウ”もまだ少しだけ咲いてましたが、もう少しすると”ダルマギク”が見れる季節になります・・・
S91

行き慣れた場所ですが、たまには散策も良いもんですね・・・
S92
帰り間際に大阪から来られたライダーさんと少しお話・・・

その後、ここを離脱・・・9時前には無事帰還・・・






夕方には子供の自転車をメンテナンス・・・

ついでに”RS”に、”2ストオイル”を補給・・・
M996
今回の銘柄・・・
”ELF-MOTO2-TECH”(JASO FD)
40℃動粘度  :   75.3
100℃動粘度 :   11.3 
粘度指数    : 142.0
流 動 点(℃)     : - 36.0
引 火 点(℃      : 108.0
(全合成油) 

M997

何時も使用している銘柄、”MOTUL710-2T”(JASO FD) を使用したいとこですが、価格がかなり高騰していて手を出しづらくなって来ました・・・

何にしようか迷ったのですが・・・”MOTUL510-2T”(JASO FD) より”ELF-MOTO2-TECH”の方が2割近く安かったのでこちらを購入・・・

暫くはこちらで様子見です・・・これが、2リットル無くなる頃には排気バルブの清掃のタイミングになりそうなので、オイルによるバルブの汚れの比較も出来るかもしれません・・・



でも・・・円安って・・・私にはメリットないかな~~~coldsweats01




↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月23日 (水)

”排気バルブ”の清掃・・・

シルバーウィークの連休を利用して定期的なメンテナンスの実行です・・・

”アプリリア・RS125”には、エンジンに排気バルブが装着されています。
排気煙で汚れやすい為に定期的なメンテナンスが必要で、メーカーの推奨は4000キロ毎に清掃・調整とあります。
私の場合は約3,000キロ毎に清掃を行っていますが今回その距離に達したのでメンテナンスを実行・・・

前回の清掃は2015年5月5日・・・走行距離16,689キロ
    その時の記事・・・↓↓↓
 http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-e9cd.html

今回は2015年9月21日・・・走行距離19,800キロ

作業内容はこれまでと変わりないので省略しますが、記録用に画像はアップします。

因みに作業内容詳細は↓↓↓
http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-6e88.html


休日とは言え、家族サービスも控えてるので朝7時から実行です・・・

先だって、ガソリンタンクを外します・・・エンジン全体が見えてきます。。。
M4
取り外しが楽になる様にタンクの燃料は出来るだけ少なめにしておきます・・・

タンクを外す時に問題発生・・・sweat01
G91
この最近交換したタンクラバーからブッシュが抜け落ちてきました・・・

ここで抜け防止にブッシュに細工を・・・
Photo
ブッシュの差し込み部にビニールテープを巻いて外径を厚くし抜け防止・・・
M2
前回、この部分を触った時に同じようにテープが巻いてありましたが、タンクラバーを交換した事により取り除いてました。
やはり必要な細工なのでしょうか???

これで多少は抜けにくくなりました・・・
M3_2


排気バルブの作業へ戻ります・・・

バッテリー、バッテリーケース、クーラントリザーブタンク、を取り除く事に因って排気バルブが見えてきます・・・eye
M5
バルブケーシングとケーブルの接続部を覆ってるラバーキャップが前回ひび割れました。
今回は交換用に予備品を購入してましたが、前回メンテナンス時にシリコングリースを塗り込んだ御蔭か?ひび割れが進行していないのでそのまま継続使用する事に・・・

そして、ここで問題発覚・・・sweat01
H6
排気バルブを取り外し、バルブ本体を外すと・・・

排気バルブを接続しているケーブルのワイヤー部が”ささくれ”ています・・・sweat02
M92
実は以前から傷んでいて、だましだまし使用していましたが今回ニッパーでささくれ部をカット、その為多少ワイヤーが細身になり、次回は交換の必要がありそうです・・・sweat02

排気バルブの汚れ・・・eye
上面・・・
M6

下面・・・
M7

全体を眺めると・・・
M8

M9

因みに、これまでの様子・・・

《上 面》
上段、左から、2014年4月29日(7,000キロ)、6月14日(9,150キロ)、10月5日(11,721キロ)
Ba1
下段左から、2014年12月28日(13,630キロ)、2015年5月5日(16,689キロ)、今回9月21日(19,800キロ)

《下 面》
上段、左から、2014年4月29日(7,000キロ)、6月14日(9,150キロ)、10月5日(11,721キロ)
Ba2
下段左から、2014年12月28日(13,630キロ)、2015年5月5日(16,689キロ)、今回9月21日(19,800キロ)

どれも似たような感じ??


取り敢えず、汚れを落とし磨きます・・・
M91
エンジンコンディショナーで洗浄し、耐水ペーパーで磨きます・・・

清掃後・・・
M93

M94

ケーシング内、スプリング、Oリング等もパーツクリーナーで清掃・・・
D916

ここで排気バルブに何だか擦れた跡らしきものが・・・eye
M95
白く色変わりしているのは・・・どうもアルミダイキャスト製のケーシングにバルブ本体が作動時に擦れている?のか・・・
M97

ここで・・・今度は気になってケーシング内に装着されているステムシールをチェック・・・
M99
バルブに差し込まれているのはこれまで使用されてきたステムシールです。
下にあるのは予備品の新品の物・・・
ケーシングに擦れているかもしれない事から、シールにガタがきているのかと思いチェックしましたが新品の物と変わらないくらいガタも無く、動作もスムーズ・・・

今回も交換せず、このまま再利用・・・
M991
ステムシール、Oリングをケーシング内に装着・・・
(私は、この中に2サイクルオイルを少し垂らしますが、オイルが特にシール類を痛める事も無い様です)

スプリングを入れバルブ本体を組み込みます。
M992

ややささくれ立ってたワイヤーをバルブ本体にセットしエンジン本体へ・・・
M993
エンジン内に装着しますがバルブ自体にも2サイクルオイルを少し塗り込みます・・・
因みに・・・この画像・・・エンジンの座面とケーシングの間のガスケットを忘れています・・・sweat01
この後ガスケットを再セットしボルトを締めて終了・・・
ラバーキャップにもシリコングリースを塗り劣化防止・・・

バッテリー等を組込み終了です・・・
M994
この際にバッテリーの液面もチェック・・・

更に・・・ガソリンタンクを戻す前に、タンクを押さえ付けるボルトのネジ部が少し硬いのでタップで軽くサラエます・・・
M995
この後タンクを戻し、車体廻りをチェックして終了・・・





車体廻りのチェックで・・・
C1
どうも、チェンジパダルが多少グラついている気がしないでもありません・・・
パーツ構成を見ると・・・
Table_26rs125

No.21・・・Spaser (AP8121147)
No.24・・・Belleville Spring (AP8121697)
を交換するくらいしかなさそうです・・・取り敢えず発注してみます・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月22日 (火)

猫寺?、『栖月山 雲林寺』へ・・・

シルバーウィークは21日、萩市は旧むつみ村にある、”雲林寺”へ行ってきました。

084ライダーさんのブログ、”風と共にどこまでも” 内でご紹介されてたのを拝見し知る事となり、この休日に家族とドライブに・・・dash

秋吉台を抜け、萩の町に一旦入り、渋滞sign02、混雑する松陰神社をかすめ、R11へ・・・
N992
山門?に上がる階段の下からも既にネコが・・・招いてます・・・happy01

臨済宗南禅寺派、”栖月山・雲林寺”(せいげつざん・うんりんじ)
N996

階段を上がると・・・
N1

本堂?の入り口にも・・・
N2
上を見上げると・・・eye
N3
猫の絵馬?がたくさん・・・

軒下にはリアルな木彫りの猫が・・・sweat01
N8

趣がある中に、あちこちらに・・・ネコに関するものが・・・eye
N991

おみくじも”ネコ”・・・sign03
N4

釣鐘の上にも下にも猫が・・・sweat01
N5

本堂の入り口には・・・”萩にゃん”sign01
N6

反対側には”文にゃん”のお出迎え・・・
N7

”みえニャイ”、”いわニャイ”、”きかニャイ”・・・coldsweats01N9

足元にも・・・・”ネコ”が・・・eyesweat01
N91

奥には・・・ボスキャラも・・・
N92

N97

N93

本堂から外を眺めると・・・eye
N95

ふと下を見ると・・・足元に猫が・・・eye・・・eyesweat01
N94
そのまま縁の下へ隠れました・・・coldsweats01

上に下に猫がいるのでしっかり見つけます・・・scissors
N96

N98


N99

猫にまつわるもの・・・置物・・・ポスター・・・
N994
たくさん展示されていて、見入るとけっこな時間が経過していきます・・・
N995

駐車場にはたくさんの彼岸花も・・・
N993
この上にはさらに多くの彼岸花も植えられているそうです。
良い時期に来れましたsign03

この辺りは紅葉にシーズンもドライブには良いかも?

また機会があれば寄ってみたいですね~~

帰りはやはり混雑する”萩”の町を横目で眺め、寄る事無く長門方面に・・・
その先はバイクで走る最短ルートで帰宅・・・
240キロのドライブでした~~~



世界遺産のあおりか、萩方面も車が増えました・・・・sweat01
萩方面の朝駆け・・・なかなかゆっくり寄れそうもありませんね・・・

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月14日 (月)

涼しくなったので、昼駆けでも・・・・

秋雨前線も活発でしたが、台風17号、18号が去った後、急に涼しくなりました。

(有難い事にこちら方面は被害はありませんでしが、台風17,18号で被災された方々には心からお見舞い申し上げます・・・)

しかしながら・・・相変わらず天気が不安定な日もあり・・・coldsweats01
週末は朝駆け出来るかどうか判らないので、涼しくなった最近はたまに通勤にも使用しています。
H1
通勤コースの一つ・・・道中の霊園のなか・・・

そして久々の連休の先週末・・・
土曜日の早朝は豊北町に掛けてどうも雨雲があり、翌日曜日も早朝まで愚図ついた天候で朝駆けを断念・・・sweat02

でも、天気予報では日が上がってから急速に天候が回復するのが見て取れたので、午前中は予定通り娘の卓球の試合の応援に駆け付け・・・この日の午後からバイクで駆けました~scissors

行先は・・・
取り敢えず何時もの場所へ向かい、その後を考える事に・・・happy01

この日のルートで・・・綺麗な青空と風車が目に入り・・・eye
H2

ここにお立ち寄り~~happy01
H3
早朝の朝霧のなかも良いけれど、綺麗な空も癒されます・・・

そんなに高い所ではありませんがここから見る景色も好みです・・・scissors
H4

その後・・・第一の目的地の角島へ到着するも・・・
この天気と時間から車・バイク・人の多い事・・・sweat01

”しおかぜの里”の駐車場も満員御礼・・・coldsweats01

缶コーヒーだけを買って早々に退却・・・いつもの場所へ・・・
H5
自分の中では特等席・・・
でも廻りは・・・eye
若いアベックと、熟年?カップル・・・・そして家族連れ・・・sweat01

一人で海を眺めるのは私くらいですね・・・coldsweats01

時間に押されていないので少しゆっくり目の休憩を取り・・・その後、島を離脱・・・dash

でも・・・橋を出る所で軽い渋滞sign01、早朝では考えられませんね・・・・sweat01

ここから流して走るのは・・・やっぱり日置町の向津具半島が一番・・・happy01

R191~伊上の交差点から半島へ・・・
H6
時間的に半島の東側には行かず、半島の中央廻りを走りました・・・
上の画像の中央やや左奥に見える小っちゃい瀬の辺りが、津黄の”龍宮の潮吹き”です・・・
そこへ向かって走ります・・・dash

良い感じのサラシは出てますが釣り人は見えません・・・
H8
名物の潮も吹いてない様子・・・でも、空と海は綺麗です・・・scissors
H7
昔、行き慣れた磯場・・・・また魚釣りがしたくなって来ますね~
今度は・・・上の画像の中央右に見える橋を上がって”千畳敷”に上がります・・・dash

千畳敷も何時もよりは車が多かったですが、少し長めの休憩を取っただけでソフトクリームも食べずsweat01、ここを離脱・・・帰路へ・・・dash

”みのりロード”からR191へ出て・・・粟野川沿いを豊北町へ走り帰ります・・・dash
H91
粟野川も、水量は何時もよりは多め・・・

振り返り景色を眺めるとこんな感じ・・・eye
H9
午後5時少し前の様子・・・西日本のこの辺りでは午後5時の太陽の高さはこんな感じです。

この日は午後から走ったにも係わらず、下にはドライの長袖シャツ、上にはメッシュのジャケットでしたが場所によってはかなり肌寒く・・・sweat01

そろそろ・・・メッシュジャケットも終わり、3シーズンジャケットの出番かな~て感じでした・・・

その後、午後6時前に無事帰還・・・170キロ弱の昼掛けでした~~

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月13日 (日)

下関市弓道場へ・・・

我が家の長男が高校に入って弓道を始めたのですが、昨日、弓道の大会があったので見学に・・・

下関市の弓道場へ行くのは初めてです。
Ky2

芝生?が綺麗です。eye
Ky4
何だか厳かな感じも・・・think

開会式・・・

Ky3

入場から厳かに・・・弓道って他の武道と違い作法が大変そうです。coldsweats01
Ky6
弓道の事はよく判りませんがこんな感じに進行?して行く様です・・・down

”足踏み”~”胴造り”…って言うんですか?
Ky7
胴体をしっかり安定させるために、足の幅などを調整し、身体がふらふらしないように重心を安定させる行程だそうです・・・

皆んな1年生?我が家の息子は初めての弓道場だけに緊張してるんでしょうね~~coldsweats01

この辺りから、”弓構え”と言う動作に入るみたいです・・・
Ky8

”取懸け”~”手の内”~”物見”・・・といろいろな動作がある様です・・・
Ky9

”打起し”・・・・
Ky91
弓を肩を起点に約45度の位置に持ち上げる行程だそうです・・・

”引分け”~”会”
Ky92

いろいろと書いてみましたが・・・合っているのかどうか・・・sweat01


何だか無事に終わり・・・緊張も解けたようです・・・お疲れさま~happy01






そして・・・今日は、”下関市立体育館”へ・・・sweat01
T1
娘が出場の卓球大会へ応援に・・・happy01

古い体育館ですが、過去にはここで”山口百恵”ちゃんのコンサートもあったんですよ~~coldsweats01




この日はこの応援の後、午後からバイクで駆けました~それはまた今度・・・







↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月12日 (土)

とんでもないガススタンド・・・あなたはセルフ派?オートストップは?

車に給油する時は何てことないですが、バイクにガソリンを給油する時って未だに必要以上に?気を使います・・・・sweat01
S98

自分は車の場合は基本・・・サービスマンが居て給油してガラス面を拭き上げてくれる、行きつけのスタンドで給油していますがバイクは違います・・・

バイクのタンクは車と違い小さく入れずらく、RSの場合は更に給油しにくそうな?タンクなので、サービスマンの方に入れてもらうのも悪いし、ガソリンをタンクに散らされるもの嫌なので出来るだけセルフのスタンドで給油しています。

そして、車では普通に給油が勝手に止まるオートストップ機能を使用していますが、バイクの場合は給油ノズルを突っ込んでもそれ程入らないし、勢いで吹きこぼれそうなので給油口にノズルを少し差込み、レバーを半握りにして少しづつ目視しながら給油しています。
それでも液面が見にくいです・・・coldsweats01



昨日の事・・・
バイク通勤し、終業し帰宅する際に少し遠回りして流して帰ろうかと思い、市街地を離れた道へ・・・dash
給油ランンプが思いのほか早く点灯したのでeye、仕方なく目ぼしいスタンドを見つけ給油する事に・・・この先なかなか無いしsweat01

何だか古そうな施設のGSで給油を止めようかと思いましたが、この先暫くなさそうなので仕方なく給油する事に・・・coldsweats01

出て来たのはいい歳のオッチャン・・・(そうは言っても、自分と変わらないか~coldsweats01
大丈夫かな~と思いつつも、『ハイオク、6リッター』

おっちゃん・・・給油しようとノズルをタンクに差し込みます・・・

ここで・・・差し込む時に・・・

『タラsign01、タラ~~sign02
Gs
ノズルからガソリンをこぼしながらタンクに差し込みました・・・・eyesweat01
『オイsign01オイsign03・・・こぼれてるじゃないですかsign03 』・・・wobblysweat01

おいちゃん、ただ・・・
「すみません?」、みたいな返事はあれど慌てて拭こうともしません・・・coldsweats01

こっちが慌てて給油機の傍にあった雑巾で拭きますが、この雑巾も擦り切れそうなほど使い込んだ傷がつきそうなタオル・・・sweat02

その上・・・レバーを引いてもガソリンが出ないせいか、振り返り給油機を眺めてます・・・sign02
”出ない?”・・・と思ったのか、ノズルを一旦引き抜きました・・・

そして抜く時にまたも・・・・eyesweat01
Gs
『ハァ~~sign02、こぼれてるってsign03・・・・sweat01
またもや自分で汚いタオルで拭き拭き・・・
オッチャン・・・それよりもガソリンが出ないのが気になるのか給油機を眺めてます・・・sweat02

其れから再度ノズルを差し込み・・・給油するのはいいのですがこっちが”ハラハラ、ドキドキ”・・・
よっぽど帰ろうか、それとも『自分で入れるsign01』って言いたいくらいでしたが・・・sweat01

給油が終わって、オッチャンに・・・
『濡れたタオルはないのか?』との問いかけに・・・
問いには答えず・・・「後ろから車が来たのでバイクを前に出して」・・・と言って、手渡したカードを持って店内のレジへ・・・wobblysweat02

埒が明かないので・・・・バイクを移動し、水道の蛇口を探し擦り切れたタオルを濡らして自分で拭き上げ・・・
更に、ウェストバックから手持ちのマイクロファイバータオルを取出し乾拭き・・・拭き拭き拭き拭き・・・sweat01

おっちゃん、なかなか戻って来ません・・・gawksweat01

ようやく戻って来ても、気の弱そうな顔の割には伝票を差し出し・・・、
「サインください・・・」といっての侘びの一言も無く・・・

頭にきて、『ガソリンタンクに何かあったらまた来ますよsign03』、と言って後にしました・・・angry

これまで何度か給油して貰った事はありますが、これほどひどいスタンドは初めてでした・・・
RSのタンクの外装はPP樹脂?だと思うのでガソリンが少し漏れたくらいでは直ぐに拭けば影響はさほどないでしょうが、垂らしても拭こうともしないサービスマン?には閉口します・・・sweat02

こんなスタンドは・・・

二度と御免”  ですねsign03



小屋川沿いは”R33”~”R65”を豊田町方面へ・・・、
そのまま角島へ行こうかとも思いましたが・・・思い止まり・・・
”R34”から先日崖くずれしたそばを抜け・・・菊川の道の駅へ・・・
G1
”イチゴミックス”で小休止・・・そのまま帰路へ

軽く60キロの夕駆けでした~~



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月10日 (木)

ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換・・・その後

”アプリリア・RS125”のガソリンタンクをボルトで固定する上で、タンクとフレームとの間に緩衝材?代わりのタンクラバーがありますが、以前からそれが傷んでいて不自由を感じていたので交換したのが・・・先月末、8月25日の事・・・

その時の記事・・・
『RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバーの交換』 ↓↓↓
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/rs125.html

G991
新しい”タンクラバー”を装着したまでは良かったのですが、”Tブッシュ”なる部品が装着されていなかったのでサイズを予想し制作・・・上の画像左の部品・・・


正確なサイズが判らず製作した為に正規のパーツを購入したのが・・・
『RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバーの交換・・・続き』 ↓↓↓
http://norinori-bike.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-22bd.html

B7
純正パーツ(左)と予想して製作した自作パーツ(右)の比較
サイズは・・・
《フランジ部》
   外径24mm  ⇒  自作品25mm 
   厚み1.3mm ⇒   自作品1.5mm
《差込み部》
   外径12mm  ⇒    自作品13.5mm
   長さ4.2mm  ⇒    自作品3.0mm
《内径》
   8.0mm    ⇒  自作品8.0mm

肝心な差込み部の長さが足りなかったので再制作しました・・・
Tk1
純正パーツ(左端)と予想して製作した自作パーツ(右端)、そして真ん中が今回再製作したもの・・・

左の純正パーツの差込み部の長さと同じに製作しました。

この差込み部がタンクラバー下部に装着されているブッシュを押さえる?様なので見過ごす事が出来ずに再製作に至りました。
最終的なサイズは・・・

《フランジ部》
   外径 25.0mm(純正より少し大きく) 
   厚み  1.5mm(純正より少し厚く)
《差込み部》
   外径 13.5mm(ラバーから抜けない様に純正より少し大きく)
   長さ   4.2mm(純正と同じ)
《内径》
        8.0mm(純正と同じ)

ガソリンタンクを締めたところ、固定ボルト~GSタンク~ブッシュ~フレームといい感じに当たりが付いてしっかり固定でる感じです。scissors
って言うか・・・今までがおかしかったんですね・・・coldsweats01





国勢調査なるものがやって来ました・・・
そう言えば前回(5年前)も選ばれた?ような気がしますが・・・
K1

今はインターネットで出来るんですね~~
さっき・・・、サクサクっと終わらせました!






↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月 7日 (月)

アプリリア・RS125のシリンダーのサイズ・・・刻印位置

ここ最近、”RS125”の腰上オーバーホールに関連する記事が続きます・・・

海外ネットショップで購入したパーツ
鍛造ピストンのクリアランス

前回はピストンと、シリンダのクリアランスについて調べてみました。

RS125のシリンダ―のサイズは主に3種類・・・”A”、”AB”、”B”の3通りがあるのですが、以前どこかで目にした記述と、1996年のワークショップマニュアル(ROTAX、タイプ122)を参考にしたところ、シリンダーのサイズはシリンダヘッドカバー、シリンダヘッド、シリンダを取り除いた?シリンダベース部に、”A”、”AB”、”B”と刻印があると思ってたのですが・・・自分の思い込みだったかも・・・coldsweats01
S1
前回の記事を見て頂いた方から・・・ヘッドカバーやヘッド、シリンダー等を取り外さなくとも確認出来るのでは?と言うお話を頂き、自分のRSで確認してみました。

ガソリンタンクを起こし・・・
R01

エンジンを見ると・・・
R1
左がエンジン・・・シリンダーヘッドが見えてます。そして、右にキャブレター、
混合気は右のキャブレターから左へ流れ、リードバルブを通ってシリンダー内へ・・・
キュブレター側からエンジンを見る方向で・・・そのシリンダーの右上に刻印が・・・eye
R2
マニュアルの位置とは違う場所に刻印が見てとれます・・・・
画像の中央上・・・””と見えます・・・
前後の文字から見ると・・・”9P 03” ”B”の文字の前後と、下側には意味不明の”K”の文字が・・・

教えて頂いた方のシリンダーには”A”の刻印が確認できたそうで、マニュアルで見られるシリンダーベース等には刻印が見られないのでこれがシリンダーサイズはないかと・・・

前回のおさらいでシリンダーサイズは・・・
S2
書いてある内容は・・・
”A”タイプ
    54.00~54.01㎜(ウェアリミット54.06㎜)
”AB”タイプ
    54.01~54.015㎜(ウェアリミット54.065㎜)
”B”タイプ
    54.015~54.025㎜(ウェアリミット54.075㎜)
   ✼ウェアリミット・・・摩耗限度

この刻印がそうだとすると・・・私のシリンダーは、この中のタイプ ”B” と言う事になりますね~
すると・・・私が今回購入した鍛造ピストンのサイズが”53.98mm”、そしてそのピストンのクリアランス0.05mmとあるので・・・、
シリンダー”B”タイプの大きい側のリミット”54.025”でシリンダー内径が出来ているとすれば、ピストン”53.98”に対するクリアランスは”0.045”取れている事になり・・・
鍛造ピストンに必要なクリアランス”0.05”とほぼ同じに・・・
有難い事に購入した鍛造ピストンが使用できる可能性が出てきました。happy01
希望的観測にすぎませんが・・・目の前に僅かながらの光が差してきたような・・・・happy02

もっとも・・・実際は、シリンダー等を開けて実測値を計測して確認する必要はありますが・・・coldsweats01

他の皆さんの刻印がどうなっているのか?”AB”の文字等が確認できれば、シリンダーサイズの刻印で間違いなさそうです・・・・



ついでに・・・タンクを起こしたついでにプラグのチェック・・・
R3
取り外してみると・・・
R4
5000~6000rpmのグズリもほぼ無く、調子は良い状態です。プラグも良い感じに焼けてるのかな???
今年は盆明けから雨が多く、9月に入り涼しくもなって来ました。
最高気温が20℃を下回ったら燃調を少しづつ変更していこうと思います・・・



↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月 5日 (土)

鍛造ピストンのクリアランス・・・

”アプリリア・RS125”の腰上メンテナンスをする上で重要になるのがピストンのサイズです。

★ 以下、素人なりに自ら考察した事をアップしますが、以下内容に関して責任は持ちかねますのでご了承ください。
又、暖かいご意見・ご教授頂ければ幸いですので宜しくお願い致します・・・・
✼下記記事は後日追記や、誤記に伴う修正もあるかもしれません・・・・✼


RS125のシリンダーのサイズは、私が調べた限りではどうも”3種類”あるようです。
ただ、シリンダのサイズは3通りあっても、RSに装着されているピストンのサイズは一様に《53.98mm》とお聞きします。

私はこの度、53.98mmのサイズの鍛造ピストンを手配しましたが、鋳造ピストンと鍛造ピストンは熱膨張に大きく違いがあり(鍛造ピストンの方が熱膨張が大きい)、そのどちらを使用するかによってシリンダとのクリアランスが問題となりそうなので調べてみました・・・

購入した後からするなよ!!って事でになりますが、それほど知識が無かったと言う事であって、前回この件に関する記事をアップした際に鍛造ピストンのクリアランスについて有難いコメントを頂いたので今さらって事にはなりますが以下・・・検証を・・・


まずは・・・RS125のシリンダのサイズから対応するピストンのサイズを再度検証してみると・・・
S1
シリンダヘッドカバー、シリンダヘッド、シリンダを取り除いたシリンダベース部に、”A”、”AB”、”B”と刻印があるそうです。

✼✼✼ 追 記 ✼✼✼
この資料は1996年のワークショップマニュアルから引用しました。その資料の画像と書いている内容から刻印の場所がシリンダーベースとあったのでシリンダヘッドカバー、シリンダヘッド、シリンダを取らない見る事が出来ないと解釈したのですが、どうも機種(年式)によってかどうか判りませんがシリンダヘッドカバー、シリンダヘッド、シリンダを取らなくともシリンダーサイズの刻印が見て取れるようです。場所はリードバルブの側の右隅にそれらしき刻印がありました。詳しくは後日の記事へ・・・

刻印によってシリンダ毎のサイズが色分けされています。
以下、詳細・・・
S2
書いてある内容は・・・
”A”タイプ
    54.00~54.01㎜(ウェアリミット54.06㎜)
”AB”タイプ
    54.01~54.015㎜(ウェアリミット54.065㎜)
”B”タイプ
    54.015~54.025㎜(ウェアリミット54.075㎜)
   ✼ウェアリミット・・・摩耗限度

上記を見ると、シリンダは”0.01㎜~0.015㎜”置きに3タイプと言う事が判ります。


それに対し、ピストンは・・・
S3

☆ピストンサイズ”A”☆
  53.98㎜(ウェアリミット53.93)
    適合シリンダー”A”、”AB”
☆ピストンサイズ”B”☆
  53.99㎜(ウェアリミット53.94)
    適合シリンダー・”AB”、”B”
☆オーバーサイズ”1”☆
  54.00㎜(ウェアリミット53.95)
    適合シリンダー・”B”及び”再研摩シリンダー”
☆オーバーサイズ”2”☆
  54.01㎜(ウェアリミット53.93)
    適合シリンダー・再研摩シリンダー

以上、ピストンサイズと適合シリンダーのクリアランスを数値にすると・・・
★53.98㎜(シリンダA,AB)
    シリンダA,ABに対し、クリアランス 0.02~0.035㎜
★53.99㎜(シリンダAB、B)
    シリンダAB、Bに対し、クリアランス 0.02~0.035㎜
★54.00㎜(シリンダB,オーバーサイズ1)
    クリアランス 0.015~
★54.01㎜(オーバーサイズ1)
    クリアランス 0.025??~

以上、ピストンの径に対し、シリンダは”+0.02~0.03mm”のクリアランスを設けてます。

一般的なノーマルピストン(鋳造ピストン)のクリアランスは、”0.01~0.04mm”と言われているそうで、RSの純正ピストンがノーマルピストン(鋳造ピストン)??だとすれば、上記算出の通り、RSの場合ピストンに対しシリンダのクリアランスが”0.02~0.03mm”を確保してあると言うのは納得の出来る話です。

では、鍛造ピストンの場合・・・
鍛造ピストンに使用されるアルミ合金にも色々とあり、”A2618”やコスワースに使用される”RR58”等々があるそうですが、これらは熱膨張が大きく、シリンダとピストンのクリアランスを”0.1mm”とかなり大きくする必要があるそうです。
それに対し、Wiseco(ワイセコ)やWossner(ヴォスナー)に使用されているシリコン系のアルミ合金の”A4032”の特徴は、熱膨張率が他の鍛造アルミ合金より少なく、ピストンクリアランスの設定が鋳造ピストン並みに出来るというのが特徴だそうです。
そして・・・その鋳造ピストン並みに出来ると言うクリアランスが問題ですが・・・実は『0.05mm』だそうです。

んんん~~~・・・・catface
この”0.05mm”と言うのが微妙です・・・sweat02

因みに、今回購入した”Wossner”の鍛造ピストンのクリアランスは、箱書きをよく見るとこうありました・・・down
T4
下から2段目に・・・
しっかりと・・・《クリアランス 0.05mm》
とありますね~~coldsweats01
と言う事は・・・今回購入した53.98mmのピストンに対し、0.05㎜のクリアランスを考慮すれば、安全なシリンダーサイズは・・・”54.03mm”??と言う事になります。
そうなれば、シリンダ”A”タイプ、”AB”タイプは、ピストン53.98に対しクリアランスが0.02~0.035㎜となりクリアランス0.05㎜に足りず・・・sweat01
シリンダ”B”でもようやく0.035~0.045とクリアランスが足りはしませんが何とか使用出かもしれない?と言うレベル・・・coldsweats01
しかし、RSのシリンダはどうも”A”タイプか”AB”のタイプが多く市場に出ている様子もあるので、今回購入した”Wossner鍛造ピストン53.98mm”は残念な事に場合によっては抱きつき、焼付きの可能性が捨てきれず場合によっては使用出来ない状況に・・・なって来ました。bearing

海外ネットショップ”PJME”さんにはWossnerの場合、53.96mmから出ており、出来れば53.96~53.97mmで選んだ方が正解かもしれません。think
PJMEさんのサイトでWiseco品が53.95mmのみの選択しかないのは、実はそう言う事なのかも・・・
更に鋳造ピストン”Vertex”の53.98mmが”Bグレード”、それに対し鍛造ピストン”Wossner”の53.96mmが同じく”Bグレード”と表記されいるのは、”Bグレード”を選べばシリンダに対しピストン毎に適切なクリアランスが満足できるという親切な表記なのかもしれません・・・憶測ですが・・・
(国内のショップさんであれば気軽に問い合わせが出来るのですが、海外ショップさんではなかなかクリアランスの表記の事まで問い合わせするのは、英語が堪能でないと難しそうです。ましてやそんな内燃機関に対しての基本的な知識が無ければ私の様に気が付きもしないかもしれません・・・sweat01


結果・・・
今回、作業をショップさんに依頼する事もあって、スムーズに作業が進む様に事前に各パーツを揃えるのが前提で事を運びましたが、出来ればシリンダを開けベースの刻印を確認したうえでピストンを手配した方が確実です。(シリンダを開けなくとも刻印の確認は出来るようです)
確認した上で、シリンダ刻印に対するピストンの径を鋳造ピストンなら上の表の中から選び、鍛造ピストンならクリアランス0.05㎜を考慮したピストン径を選べば良いかと思います。
ただ、もう一つ重要な事があり、シリンダを開けたなら出来ればシリンダーゲージ等で内径を1/100mm代で計測し、刻印の交差内であればそのピストンを選び、刻印とは違う数値が出ればそれに見合ったピストンを選ぶ方がより良いかもしれません。
ただ、あまりに1/100mm前後まで拘るのは気を使い過ぎかもしれませんし、2/100mm前後を超えるなら注意した方が良いかもしれない程度に??

そして、ショップさんにパーツを持ち込み、現物を見て頂いて打ち合わせ・・・
取り敢えずシリンダを開けたところで刻印の確認と内部を計測・・・・
もし・・・計測の結果、使用出来そうであれば手元にある53.98mmのピストンを使用するし、クリアランス的に問題があれば再度見合ったサイズを手配する事になしました。
その際は、ピストンが届くまでの7~10日間?バイクをそのままショップさんで預かる態勢を取って頂くので、今月末から来月の間に都合が付けば連絡を頂くようにしました。
因みに・・・ショップさんで保管してある”ホンダ・ブロス650”はコスワースのピストンに換装してあり、クリアランスはやはり0.1mmくらいあったそうな・・・、でも鍛造ピストンの恩恵はあるそうです)


因みに・・・ピストンを計測する位置は
S4
RSの場合、ピストンの下側の端面から11.5mm上の部分を計測するとあります。

それで、今現在手持ちの”Wossner”鍛造ピストン53.98mm”を計測してみる事に・・・

まずは一応、測定具をゲージを使用し校正して・・・
S5

実はピストンは真っ直ぐではありません・・・
S91
極端な話し、こんな風に下に末広がりになっているそうです・・・そこでRSの場合は裾から11.5㎜上がってところが基準点・・・
厳密に言えばこのピストンは純正品ではありませんが取り敢えずその辺り狙って計測・・・
S6

テーパーが付いているので計測しにくいですが53.99㎜・・・
S7

では、ピストンの上の方、ピストンリングのすぐ下は・・・
S8
53.88mm・・・下から11.5mmの基準部より、”-0.1mm”のテーパーになっています。

出は真ん中辺りは・・・
S9
この辺りから53.98mm・・・かな?

やっぱり、正確に出来てそうです、クリアランス的に難しいかもしれませんね~~・・・・sweat02
実はかなり凹んでます・・・・

自分でよく判断出来ない物を手配する時は・・・よく注意し調べてからにしましょう~ね~coldsweats01


腰上のメンテナンス・・・次はショップさんに持ち込むことが決まり次第、又状況をアップさせて頂きます・・・think





で、・・・もし、このオーバーサイズ?の鍛造ピストンが必要な方がいらっしゃれば・・・後日、使用出来なかった際は価格は勉強させて頂きますから宜しければ如何ですかsign02sweat01sweat01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

2015年9月 2日 (水)

”フットペグ”と”オイルフィラープラグ”を換装・・・

海外ネットショップで購入した外装パーツを換装しました。

購入した外装パーツ・・・
U8
上・・・チタニウムフットペグ 2個セット2,610円
下・・・MotoRPTオイルフィラープラグ合金タイプ レッドレーシングエッチング


RSのフットレスト・・・down
P2
先端に付いているのが、フットレスピン(パーツリスト内での名称)
先端が擦れてますがコーナーを攻めた結果・・・・・・ではありませんcoldsweats01

捻じ込み式になっていて簡単に?緩みます・・・
P4
パーツクリーナーで洗浄し・・・

フットレスピンとチタニウムフットペグとを比較・・・
P5

因みに・・・チタニウムフットペグの重量を計ってみました。
P1
2ヶで18gでした。・・・因みにフットレスペグは2ヶで27gでした。
チタニウムフットペグの方が大きいのですが軽い事が判ります。(実際、手に持っても重さの違いが判ります)

装着後・・・
P6
今回は、中強度のネジロックを使用してます。
でも、かなり・・・・目立ちますね・・・coldsweats01



次は、オイルフィラープラグの交換です。down
P3
正式名称は、プラスチックプラグ(M18×1.5)
クラッチカバーに見える右上と真ん中の2ヶ所・・・
右上はギヤオイルの注入口、真ん中は開けるとクラッチワイヤーを調整するセットボルトがあります。

プラスチックなだけに幾分くたびれて来てます・・・sweat02

交換すると・・・こんな感じにeye
P7
ちょっと目立ち過ぎ・・・sweat01
ただ、プラスチックから強度的には安心なアルミ製になりました。
取り外しも六角レンチに・・・でも、”aprilia racing”のロゴは格好いいと思います。

P8
今回換装したのは実用品とは言えない、ただの装飾用品ですが国内では手に入らない?物なんですよね~
海外から購入の手間と送料を考えると、何かのついででもないと購入出来ませんよ・・・coldsweats01


年甲斐もなく、ちょっと派手派手ですが・・・・sweat01
P11
最後のあがきとでも思って下さい・・・・coldsweats01




話しは変わりますが・・・
先日、キャブレターのニードルのクリップ位置を1段上げ、最上段の位置に変えてから、燃調がよく合っているのか、11,000回転・・・その気にアクセル回せば12,000回転まで淀みなく廻ります。
そのおかげか、低速走行した後も、高速走行した後も・・・サイレンサーからのオイル垂れが殆ど無くなりました。scissors
僅かな変更ですが、たったこれだけの事であのオイル垂れがなくなるなんて・・・ほんとに微妙なんですね~~coldsweats01
それと、低回転から高回転まで息つく事なく回るおかげで、このバイクの苦手な1~3速多用の急勾配の細かいコーナーの登りも以前よりは走り易くなりました。
5,000~6,000rpmの谷が顕著な時は、その回転域で息つくと急勾配のヘアピンの登りにくい事、登りにく事・・・coldsweats01

ただ、2スト小排気量ハイギヤードなバイクなので急な登りは決して得意ではありませんが・・・sweat01
エンジン煩いし・・・ギヤ合わないし・・・coldsweats01
ま~、それでもギヤ比を触る気はしません、ハイギヤードなあの高速での伸びが気持ちいいですからね~happy01

↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »