フォト

前の記事はこちら・・・

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

MUSIC

無料ブログはココログ

« 朝駆け・・・朝・夕は少し涼しくなったかな? | トップページ | RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換・・・続き »

2015年8月25日 (火)

RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換

”アプリリア・RS125”のガソリンタンクをボルトで固定する上で、タンクとフレームとの間にクッション用?のゴムシートの様な物がありますが、以前からそれが傷んでいて不自由を感じていたので交換しました・・・
Ap93

タンクを固定するキャップボルト・・・down
G6

ボルトを緩め、タンクを起こし裏から見ると・・・eye
G7
”RS125”のガソリンタンクは、上部の燃料タンクカバーと(私の場合は外装がレッド)、下側の黒い燃料タンク本体の2つのパーツからなっていますが、このカバーとタンクの間にスペーサーと緩衝材の役目?を兼ねてゴムシートがセットされています。

このゴムシートの下にアルミ製のブッシュが差し込まれているのですが、画像をよく見るとゴムの縁が切れていて、その為にカラーがよく脱落します。sweat01
気を許してるとカラーが落ちて探すのに苦労する事も・・・coldsweats01

そこで・・・この度、バイクを購入したショップさんにパーツを手配して頂きました・・・

図面・・・
Table_10rs125
品番でみると、NO.9~11で構成されている様ですがこのゴムシートは、NO.9の様です。

パーツリストでは・・・
Diagram_10_rs125
NO.9 タンクラバー AP8120557・・・¥1,350(税込)

ショップさんに8月8日に手配をお願いしたところ、在庫なし本国イタリア手配?と言う事でしたが、8月22日には”入荷しました”と連絡があり、翌日朝駆け後に引取りに行きました。
G1
注文して2週間で到着です。
(先日、イギリスはPJMEに注文したパーツより早く到着・・・)

よく見ると、本国の伝票が貼られてますが、2012年9月19日とあります。どこで眠っていたのやら・・・sweat02
触ったところ硬化してる訳でもなく、使用する上で品質には問題なさそうです。

新・旧の比較・・・
G8
左・・・新品
右・・・使用されてたゴムの縁が切れた物
実は、バイク購入時から傷んでいた様でカラーが落ちた事が何度かありましたが、当時は支障をあまり感じずそのまま今日まで・・・もっと早く言ってれば保証で直してくれたかも・・・coldsweats01

新・旧タンクラバーとアルミ製のブッシュ
G9
因みに・・・アルミ製のブッシュは
N0.11 Rear Brake Lever Bush・・・AP8221106
何だか似つかわしくない名前ですが、これ自体は問題ないのでこのまま使用します。

このブッシュをタンクラバーに差し込みます・・・
G91

差し込んだらこんな感じ・・・
G92

これをタンクカバーとタンクの間に差し込みますが・・・
G95
見えない部分とは言え、けっこう雑な作りです・・・こんな見えない所はイタリアンクォリティ?ですか・・・sweat02

しかし、ここで問題発覚・・・sweat01

タンクカバーとタンクラバーの間に位置する『NO.8 Tブッシュ』、この部品がありません・・・coldsweats01
どうも購入時から装着されていない様です。前オーナーの時に紛失したものかどうか判りません・・・
こんな事ならもっとしっかり見とけばよかったのですが仕方ありません・・・wobbly
この日はこの部品が無いまま装着、タンクを締めました・・・sweat01
G96


その日の夕方・・・再度ショップさんにパーツを手配願いました。
NO.8 Tブッシュ・・・AP8121114 ¥440(税込)

これでまた2週間は待たなければなりません・・・coldsweats01


そこで・・・部品は手配して頂いたものの・・・

ちょっと製作してみる事に・・・

ただ、正確なサイズが判らないので使用していたタンクラバーに着いた痕跡から採寸・・・

赤↓から”Tブッシュ”の外径を採寸します。
G93
サイズは、25mmの様です・・・鍔の厚みはあまり厚くしてもいけないで強度が最低限ありそうな1.5mmへ・・・

次に・・・”Tブッシュ”の差し込まれる小径と、差し込まれる深さを青↓から採寸・・・
G94
ノギスで計測すると、
内径・・・13.5mm
深さ・・・約3mm
使用するキャップボルトはM6サイズですが、差込み部は少し大きめの8mmの穴にしました。

こんな感じ・・・down
G996
材質・・・A2017(ジュラルミン)
勝手に想像して採寸したもので実物のサイズとは違います、手配した正規品が入手出来れば正確な寸法を取ってみたいと思います。

取り敢えず今は・・・これを元に製作・・・down
G991

実際に差し込んでみると・・・eye
G992
なんとか使用出来そうです・・・^^

タンクに取り付けて・・・(塗装が傷んでいるのはご愛嬌sweat01
G993
穴がずれていますが、これはタンクとタンクカバーの取り付上のクオリティの問題で、この2つのパーツが微妙ずれている様です。
ただ、タンクラバーがゴム製のおかげで、多少の融通が利くのでボルトを差し込み矯正してフレームのタップ穴に固定する事が出来ます。

差し当たり・・・正規パーツが来るまではこれで行く事に・・・




因みに・・・
RSのタンクラバーは傷んでいらっしゃる方も多いい?様です。
G99

この度購入した新品でタンクを固定し、翌日取り外してみると・・・eye
G98
平らで綺麗だった面が・・・一回でこの様にアルミのブッシュの跡がしっかり付いてます。
ゴムだけにその気になればいくらでも締まります。
その点を気にしてそれ程強く締めてませんが、それでも食らい込んだ後が付く処を見ると、最後にはゴムが切れてブッシュが抜けて来るのも想像できます・・・sweat02

出来ればウレタンやシリコンの様なもう少し硬めのゴムでも良い気がしますが、純正品は消耗品と割り切るしかないのかも・・・coldsweats01


↓ブログランキングに参加してます、よければ、クリックしてみてください↓
   他の方の、いろんなブログもあって結構楽しいですよ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ



にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

« 朝駆け・・・朝・夕は少し涼しくなったかな? | トップページ | RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換・・・続き »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

たまにこのブッシュ、エンジンの方へ落ちて面倒臭い事になりますよね!(笑

台風の影響は大丈夫でしたでしょうか?

ゾフィさんこんにちは。

タンクのネジ止め部分に関しては…
 ・ウチのRS125は新車時から下向きのカラーが落ちて来ていましたので、クッションラバーのヘタリで落ちやすくなるが元々落ちるような構造。
 ・上下のカラー共に鉄製亜鉛メッキ部品で、重たいので余計に落ちやすいのではないかと感じ。
 ・ネジを締めた時にかかる力は 上カラー → 下カラー → フレーム という構成で力がかかるのでそれ以上締まることはないのですが、黒色樹脂タンクのU字キリカキ部分(雑な作りですと紹介していた写真の部分)がクッションラバー下部円筒部を押し下げ、その下にある下カラーの径が小さいのでクッションラバー下部円筒部が外側に膨らんだように変形するのが原因なんじゃないかと考えます。

下カラーの径を大きくしてやるとマシになると思われますが、クッションラバーの下部面積(下カラーと接触する面積)も小さすぎますので大きくしてやる必要があると思われます。

それ以前に、下カラーが落っこちる構造は慣れていても精神衛生上よろしくないので、落ちない構造のカラーを作成したいところですね。
(旋盤で作ってみたりできませんでしょうか?)

それではまた。

ダイソーでも買えそうな感じ(安い)の部品ですが、
小さな部品でもやはり高いですね。

それよりも足りない部品を自分で作ってしまうなんて器用です。
寸法が分かれば、いろんな部品でも作れそうですね。
自分で作れると楽しいだろうな~。

☆azuyuzuさん、この部品落ちますよね~^^;
私も先日バッテリーの脇の奥に入って酷い目に遭いました、それが交換に至った切っ掛けかも・・・^^;

台風・・・私の住んでい居る下関市は、台風の目にすっぽり入るコースだったので
台風の目に入る直前の2時間弱は雨風が凄かったですが、目に入って以降は
それ程でもなく吹き返しも何とかしのぎ・・・被害はそれ程でもありませんでした。
返って台風の目から外れた近隣の町や市が、長時間の風にたたられて被害が多かったようです。

駐輪場の自転車はすべてひっくり返ってましたが、バイクは階下の踊り場的な陰に避難してたので無事でした~^^v

☆猫Rさん、私の”下のカラー”は取り外した時に見たところ、前オーナー?の方がラバーに差し込まれる部分にビニールテープを巻いて滑り防止?と厚みを増して抜け落ちにくい様にしてました。
画像ではそのテープを取り除いてますが、それは新品のラバーでは簡単に抜け落ちそうになかったからで、時間が経過し抜けやすい様でしたら再度ビニールテープでも巻くかもしれません。
サイズ変更のカラーの製作って言うのも良い考えですね~!
気が付きませんでした、ありがとうございます^^
差し当たり、折角なので暫くこのまま使用してみて、経過を見て時間があれば制作も考えようと思います。
下カラーと上カラーがしっかり接続されていると、確かにお互いの面が当たり、ゴムに掛かる負荷は無くなる構造ですよね~、部品を作っていながら言われるまで気が付きませんでした^^;
あまり強く締めると樹脂で出来たタンクカバーも歪みそうですから注意しなければなりませんね、締める時は両カラーの当たりを感じながら占めた方が良さそうですね・・・^^

☆ななくまさん、確かにダイソーで売ってそうな部品です・・・^^;
ただ、こんな部品でもショップさんに頼めば送料が掛からないのは有難いです。
寸法が判れば簡単な部品は作るのは容易です。
時間さえあればいろいろと作れるのですが、そういう訳にもいかないんですよ~^^;
自分で作った部品は出来が良ければ確かに愛着は湧きますね^^
上手く行かない時は・・・・少しがっかりします^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161487/61324182

この記事へのトラックバック一覧です: RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換:

« 朝駆け・・・朝・夕は少し涼しくなったかな? | トップページ | RS125、ガソリンタンク固定用”タンクラバー”の交換・・・続き »